ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

富栄養化が水圏生態系における有害藻類の増殖および気候変動気体の代謝に及ぼす影響に関する研究(平成 14年度)
Study on effect of eutrophication on the growth of toxic algae and the
metabolism of climate impact gas in aquatic ecosystems

予算区分
CA 文科-原子力
研究課題コード
9802CA230
開始/終了年度
1998~2002年
キーワード(日本語)
水圏生態系,気候変動気体,富栄養化,マイクロコズムシステム,放射性同位体,安定同位体,有害藻類
キーワード(英語)
AQUATIC ECOSYSTEMS,CLIMATE IMPACT GAS,EUTROPHICATION,MICROCOSM SYSTEM,RADIOACTIVE ISOTOPE,STABLE ISOTOPE,TOXIC ALGAE

研究概要

アオコや赤潮対策などの水圏生態系保全対策や地球温暖化対策を行う上で、極めて重要な位置づけにある水圏の食物網中の微生物ループを模擬した水圏モデル生態系として、藻類、細菌、原生動物の3種から構成されたマイクロコズムを構築し、その系内における炭素循環を、放射性同位体をトレーサとして用いることで定量化することにより、富栄養化が水圏生態系に及ぼす影響を物質循環と個体群動態の両側面から明らかにすることを目的とする。

全体計画

10年度は、安定同位体および放射性同位体を用いた、生態系における構成生物間の物質フラックスの高精度定量化手法の開発を行い、11年度では、生態系遷移の実験的解明に供する多様なマイクロコズムの開発を行い、12年度は、富栄養化における水圏生態系中の有害藻類遷移プロセスの解明を行い、13年度では、富栄養化が水圏生態系由来の気候変動気体の代謝に与える影響の解明を行い、最終年度の14年度では、個体群動態および物質フラックスを正確に記述した水圏生態系モデルの開発を行う。

今年度の研究概要

富栄養化に伴う窒素やリン濃度の変化と炭素循環および窒素やリン循環に及ぼす影響についてのこれまでの個別の解析・評価をふまえ、C/N/P比や各構成生物の生理学的特性を考慮した総合的な測定ならびに解析を行う。さらに、これまでの結果を基にし、個体群動態および物質フラックスを正確に記述した水圏生態系モデルの開発を行う。

課題代表者

稲森 悠平

担当者

  • 水落 元之地域環境研究センター
  • 岩見 徳雄
  • 板山 朋聡