ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

干潟等湿地生態系の管理に関する国際共同研究(平成 14年度)
International collaborative research on the manegement of wetland ecosystem

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
9802AG149
開始/終了年度
1998~2002年
キーワード(日本語)
干潟,湿原,生態系機能評価,ミティゲーション,生態系管理,生物多様性
キーワード(英語)
TIDAL WETLAND,WETLAND,ASSESSMENT OF ECOSYSTEM FUNCTION,MITIGATION,ECOSYSTEM MANAGEMENT,BIODIVERSITY

研究概要

東アジア地域における干潟・湿地の実態調査研究に基づいて,干潟・湿地生態系の適切な総合評価手法を確立することを目的としている。まず水の存在状態から大分類として干潟・湿地・河川の湿地生態系を区分し,ケーススタディとして既存評価手法及びJHGMの比較検討を行う。各湿地の非撹乱生息地において研究を実施し,新湿地生態系評価手法(JHGM)を開発する。

全体計画

生態系機能の空間的な広がりと季節性を考慮したJHGMモデルを完成させ,事業対象の干潟・湿地に適用する。北緯45度ラインにある北海道東部,ロシア極東域,中国吉林省の湿原において植生等の国際比較と湿原機能ユニットの区分を行う。北緯45度ラインの湿原機能比較のためと東アジア地域における現地調査を行い,湿原のJHGMモデルをアジア生態系機能評価モデル(ASIA-HGM)に拡張し完成させる。

今年度の研究概要

13年度に引き続いて盤洲干潟において、実証研究を実施し、各地点毎の生態系機能別の評価を実施する。東京湾の盤洲干潟・富津干潟・谷津干潟・西三番瀬において既存の評価手法(HEP等)と新機能評価手法(JHGM)の評価法の比較を行い干潟の評価手法の取りまとめを行う。

備考

外国共同研究機関: スミソニアン協会(米国), ユトレヒト大学(オランダ), 科学アカデミー生物土壌学研究所(ロシア), 吉林省自然保護研究所(中国)

課題代表者

野原 精一

  • 生物・生態系環境研究センター
    生態系機能評価研究室
  • 室長
  • 理学博士
  • 生物学,理学 ,水産学
portrait

担当者

  • 渡邉 信
  • portrait
    広木 幹也生物・生態系環境研究センター
  • 河地 正伸生物・生態系環境研究センター
  • 上野 隆平生物・生態系環境研究センター
  • portrait
    矢部 徹生物・生態系環境研究センター
  • portrait
    佐竹 潔生物・生態系環境研究センター
  • 木幡 邦男
  • 稲森 悠平