ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測(平成 14年度)
Ocean time series study of biogeochemical processes in the western North Pacific

予算区分
KB JST
研究課題コード
9702KB154
開始/終了年度
1997~2002年
キーワード(日本語)
海洋定点観測,二酸化炭素吸収,海水炭酸系,栄養塩,生物生産
キーワード(英語)
OCEAN TIME SERIES OBSERVATION,OCEANIC CARBON DIOXIDE SINK,CARBONATE SYSTEM IN SEAWATER,NUTRIENTS,BIOLOGICAL PRODUCTIVITY

研究概要

海洋は人為起源二酸化炭素の吸収源として働いているが、その吸収が将来どう変動するか予測することがきわめて重要である。予測モデルの確立には、現在の海洋炭素循環を正確に記述する観測・プロセス研究を行う必要がある。表層海洋で季節変化を伴って起こる現象を的確に明らかにするには、外洋域での定点時系列観測が有益な情報を与えるので、北西太平洋亜寒帯域定点で繰り返し観測を行い、データ解析とモデル化から、その炭素循環プロセスを明らかにすることを目的とする。本研究課題では、海洋定点観測で、海水中の化学成分の濃度季節変動と生物生産季節変動を明らかにし、海洋生物生産と関連した炭素循環プロセスを正確に記述するとともに、物理・化学・生物現象を結合したモデルでそのプロセスを理解することを目標とする。

全体計画

1998年から2000年の3年間を集中観測期間として、北緯44度、東経155度の観測定点KNOTにおいて海洋生物化学の精密なデータを得る。そのデータの解析から、海洋生物生産と関連する炭素循環プロセスを正確に記述する。物理・化学・生物結合モデルを定点を含む北太平洋海域にあてはめ、海域によって起こる炭素循環プロセスの違いを明らかにする。

今年度の研究概要

本年度は、研究期間の最終年度として結果の取りまとめを行う。1998年から2000年の観測期間に得られたデータのデータベースを完成する。定点での生物生産量・植物プランクトン量・光温度環境の関係を解析し、他の海域と相互比較する研究を行う。また、定点でのプロセスをほぼ記述することができるようにパラメータ化した物理・化学・生物結合モデルに、生物生産量の制限因子であるすることが明らかとなった海水中の鉄の役割を組み込み、生物生産の季節変化などをよりよく表現できるかどうかを検討する。

課題代表者

野尻 幸宏

  • 地球環境研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 理学博士
  • 化学
portrait

担当者

  • 横内 陽子
  • 藤井 賢彦