ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東アジア地域の持続的発展に関する環境総合診断システムの構築に関する研究(平成 14年度)
Development of Integrated Assessment System for Sustainable Development in East Asia

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
9702CB128
開始/終了年度
1997~2002年
キーワード(日本語)
東アジア地域,持続的発展,環境診断,シミュレーションモデル
キーワード(英語)
EAST ASIA,SUSTAINABLE DEVELOPMENT,DIAGONISTIC TOOL,SIMULATION MODEL

研究概要

以下の重点研究課題を効率的に遂行するために、支援協力員が研究の支援的業務を行う。
1) 地理情報システムやエキスパートシステム等を活用した環境総合診断システムに関する研究
2) 東アジア地域での物質輸送、循環に関するモデル結果表示の高度化とネットワーク化
3) 熱帯林生態系の長期変動モニタリングのための基礎的研究
4) 東アジアにおける生物多様性インベントリーシステムの構築に関する研究

全体計画

1) 流域スケールで水・物質の挙動を表現する統合型流域水文モデルの開発。地球温暖化等による動物媒介性感染症の流行状況を総合的に診断する環境地理情報システムの構築。2) 所与のGDP変化シナリオに対する中国河北平原の地下水位の将来変化の予測。3) 熱帯雨林ランドスケープ管理用データベースおよび熱帯雨林地上部現存量推定システムの構築。4) 環境変化に敏感な蘚苔類を中心とした電子ファイル化と「蘚苔類インベントリーシステム」の構築。

今年度の研究概要

1) 統合型流域水文モデルを完成させシミュレーションの実施。健康影響総合診断用環境地理情報システムの構築、提案。2) 都市拡大を加味した地下水位の将来変化の予測。3) ランドスケープ管理用データベースの作製,熱帯雨林地上部現存量推定システムの構築。4) 各データベースの統合化システムと「日本産蘚苔類インベントリーシステム」の構築。

課題代表者

大坪 國順

担当者

  • 渡辺 正孝
  • 小野 雅司
  • 奥田 敏統
  • 清水 英幸地域環境研究センター