ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(4) 液状廃棄物の環境低負荷・資源循環型環境改善技術システムの開発に関する研究(平成 14年度)
1. Studies on Material Cycles and Waste Management
(4) Study on the sustainable low loading and resources recycling environment improvement system for appropriate liquid waste treatment

研究課題コード
0105PR014
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
液状廃棄物, 富栄養化対策, 水環境改善システム, 窒素リン回収・除去, バイオ・エコエンジニアリング, 開発途上国
キーワード(英語)
DOMESTIC AND INDUSTRIAL WASTEWATER, EUTROPHICATION, WATER QUALITY RENOVATION SYSTEM, NITROGEN AND PHOSPHORUS, BIO-ECO ENGINEERING, DEVELOPING COUNTRY

研究概要

21世紀の環境問題における極めて重要な課題の一つとして,し尿や生活雑排水等の液状廃棄物対策がある。このような液状廃棄物対策を効果的に進める上では環境低負荷・資源循環型の環境改善技術システムが必要不可欠である。すなわち,これからの技術開発においては生物処理工学いわゆるバイオエンジニアリングとしての浄化槽等の活用や,土壌・湿地等の生態系に工学を組み込んだ生態工学いわゆるエコエンジニアリングを活用した環境低負荷・資源循環型の処理システム技術開発と評価・解析に関する研究が重要となる。本研究においてはこれらの点を踏まえ,開発途上国への展開を視野に入れ,液状廃棄物の処理システム技術開発および活用方策に関する課題を解決するための実証化研究をバイオ・エコエンジニアリング研究施設等を活用して推進する。研究開発課題としては,(1)窒素,リン除去・回収型高度処理浄化槽,消毒等維持管理システムの開発(2)浄化システム管理技術の簡易容易化手法の開発(3)開発途上国の国情に適した浄化システム技術の開発 (4)バイオ・エコと物理化学処理の組合せを含めた技術による環境改善システムの開発に関し研究を実施した。

課題代表者

酒井 伸一