ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(2) 廃棄物の循環資源化技術・適正処理・処分技術及びシステムに関する研究(平成 14年度)
1. Studies on material cycles and waste management
(2) Studies on material recycling, appropriate treatment and disposal technology, and their systems for wastes

研究課題コード
0105PR012
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
資源化, 適正処理, 排ガス高度処理, 物質挙動パラメータ, 有害物質モニタリング, 有機性廃棄物, 最終処分, 適合性, 高度物質回収, 容量確保, リスク管理, 環境影響, 安定化, 修復, 診断, 早期警戒, システム開発, システム評価
キーワード(英語)
MATERIAL RECYCLING, APPROPRIATE TREATMENT, ADVANCED FLUE GAS TREATMENT, CHEMICAL FATE PARAMETER, POLLUTANT MONITORING, ORGANIC WASTES, FINAL DISPOSAL, COMPATIBILITY, ADVANCED MATERIAL RECOVERY, CAPACITY RESERVATION, RISK MANAGEMENT, ENVIRONMENTAL IMPACT, STABILIZATION, REMEDIATION, DIAGNOSIS, EARLY WARNING, SYSTEM DEVELOPMENT, SYSTEM EVALUATION

研究概要

資源の循環及び廃棄物の適正処理・処分のための技術・システム及びその評価手法を開発し,これらを循環型社会の基盤技術・システムの要素技術に資することを目的として,熱的処理システムの循環型社会への適合性評価手法の開発,最終処分場用地確保と容量増加に必要な技術・システムの開発,海面最終処分場のリスクや環境影響のキャラクタライゼーション,処分場の安定度や不適正サイトの修復必要性を診断する指標やそれらを促進・改善する技術の評価手法の開発,有機性廃棄物に関する発生構造・需給要件及び物質フローの把握と循環資源化要素技術及びシステム評価手法の開発を行う。

課題代表者

酒井 伸一