ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア太平洋地域における環境イノベーション戦略評価のためのモデル開発とデータベース構築に関する研究 (平成 13年度)
Model and Database Development for Assessing the Environmental Innovation Strategies in the Asia-Pacific Region

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0105BY274
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
アジア太平洋地域, 統合評価モデル, 持続可能な発展, イノベーション戦略, データ・ベース
キーワード(英語)
ASIA-PACIFIC REGION, INTEGRATED ASSESSMENT MODEL, SUSTAINABLE DEVELOPMENT, INNOVATION STRATEGY, DATABASE

研究概要

アジア・太平洋地域全域にわたり、環境負荷及び環境・資源の現状及び変化を包括的に把握し、環境分野へのイノベーションの導入とその実現のための投資の緊急性を評価する。

全体計画

13年度: 国別簡略モデル(AIM/trend)の開発,各種の個別モデルの主要途上国への適用,44カ国の戦略的データベースの基本部分の開発,アジア太平洋地域の将来シナリオ,政策オプションの検討
14年度: アジア太平洋地域の環境−経済統合モデルの開発,アジア太平洋地域の戦略的データベースの構築,アジア太平洋地域の環境イノベーションの現状調査,MAに対応するためのエコシステム・モデルの開発
15年度以降: 未定

今年度の研究概要

平成13年度は以下の研究を実施する。
(1)アジア太平洋地域の各国を対象にして、簡略予測モデル(AIM/trend)を開発するとともに、データ整備を進める。また、このモデルを基礎にしたCGEモデルの基本モジューュール開発に着手する。
(2)AIM/emission、AIM/material、AIM/ecosystemを改良し、アジア太平洋地域の主要国に適用する。
(3)リオ+10で配布する戦略的データべースの基本設計を行い、プロトタイプ普及版を開発する。
(4)以上の検討結果をもとにして、アジア太平洋地域の今後30年の社会経済発展及び環境変化シナリオを構築する。
(5)これらのシナリオを基にして、モデルで評価すべきイノベーション戦略のオプションを検討する

課題代表者

森田 恒幸

担当者

  • 甲斐沼 美紀子
  • 原澤 英夫
  • 日引 聡社会環境システム研究センター
  • portrait
    亀山 康子社会環境システム研究センター
  • 増井 利彦社会環境システム研究センター
  • portrait
    高橋 潔社会環境システム研究センター
  • portrait
    藤野 純一社会環境システム研究センター
  • portrait
    肱岡 靖明社会環境システム研究センター