ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

炭素吸収量の認証と排出量取引に向けた高精度リモートセンシング手法の開発に関する研究 (平成 13年度)
Study on the developing advanced remote sensing techniques for verification and emission trading of the carbon sink crediet

予算区分
BB 環境-地球一括
研究課題コード
0105BB257
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
京都議定書, リモートセンシング, 温室効果ガス, 炭素循環
キーワード(英語)
KYOTO PROTOCOL, REMOTE SENSING, GREENHOUSE GASES, CARBON CYCLE

研究概要

京都議定書の第1約束期間(2008-2012)において,排出削減目標を達成するため,世界各地に各種の排出権取引市場が創設されつつある。また,植林等の吸収源活動を用いた温暖化対策も認められた。そのため吸収源による温暖化対策が、排出量取引等のいわゆる京都メカニズムを利用して、世界各地で実施される見通しである。しかしながら、吸収源による吸収量に関する科学的知見は十分ではなく、吸収量推定の不確実性が大きいのが実情である。今後の国際的な制度作りの中で、不確実性に関する取り扱いが焦点となる中、リモートセンシング技術を活用した吸収量モニタリング手法を確立することが国際的な急務となっている。欧米の先進的な諸国においては、吸収量のモニタリング・認証手法の確立を目的とする最先端のセンサー・情報技術を駆使したリモートセンシング手法の開発が展開しつつある。特に、COP6における吸収源関連条項の解釈に関する政治的な意志決定を受けて、具体的に国内・海外における吸収源活動をいかに計測するかが、今後の国際交渉の中でも重要なポイントとなっており、高精度の吸収量計測手法の開発によって、認証に関するシステム作りに貢献し、国際標準手法に関する議論をリードすることが可能となる。本プロジェクトは、京都議定書の実施に向けて展開する最新の国際動向に即しつつ、最新のセンサ・情報技術を駆使して、炭素吸収量を高精度に計測するリモートセンシング手法開発を目的とする研究である。

全体計画

-

今年度の研究概要

○13年度1)航空機,地上観測実験の実施  航空機に搭載されたリモートセンシングセンサによる観測データの取得と,検証用のグラウンドトゥルース取得を行い,データセット化する.データセット化に際し,データ集約システムのプロトタイプ開発を同時並行的に行い,問題点を抽出する.2)炭素クレジットの認証に関わる基礎的な検討吸収量を炭素クレジットとして認証するためには、吸収量計測手法の不確実性を評価すると同時に、吸収量の永続性やリスクを定量的に評価するアプローチを開発する必要がある。各種リスク評価手法を用いた手法の検討を実施する。

課題代表者

山形 与志樹

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 主席研究員
  • 学術博士
  • システム工学,数学,地理学
portrait

担当者

  • portrait
    小熊 宏之生物・生態系環境研究センター
  • 石井 敦
  • Alexandrov A. Georgii