ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境科学研究用に開発した実験動物の有用性に関する研究 (平成 13年度)
Study on utilization of experimental animals bred for environmental science research

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE174
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
ウズラ, ハムスター, 実験動物, 環境汚染物質, 選抜育種
キーワード(英語)
QUAIL, HAMSTER, EXPERIMENTAL ANIMAL, ENVIRONMENTAL POLLUTIONS, SELECTIVE BREEDING

研究概要

環境科学研究に適した実験動物を開発する目的で、ウズラおよびハムスターを遺伝的に純化する。本年度は、近交化したウズラおよびハムスターに種々の環境汚染物質(環境ホルモン、大気汚染ガス、重金属等)を暴露し、環境科学研究用実験動物としての有用性について検討する。

全体計画

平成13年度 近交系の作出を行う。近交系を用い、鳥類の毒性スクリーニングを世界的に標準化する。
平成14年度 近交系の系統維持を継続し、近交系ウズラにペンゾピレン・有機スズ類を暴露する。
平成15年度 近交系ウズラを用い、鳥類での生態影響評価試験を環境ホルモンを中心に実施する。
平成16年度 これまでの鳥類生態影響評価試験と近交系ウズラでの試験を比較し、環境ホルモン各物質の毒性を評価する。
平成17年度 近交系ウズラ及びハムスターの種・系統間比較を行う。

今年度の研究概要

遺伝的純化として、ウズラでは循環交配により55世代まで、ハムスターでは兄妹支配により30世代まで系統維持する。また、OECDガイドラインに従って鳥類生態影響試験を行って、これまでの問題点を明確にするとともに、世界標準化を行う。この際、当所では近交系ウズラを用いて飼育方式等の標準化を検討する。

課題代表者

高橋 慎司