ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

天然水系中における溶存フミン物質に関する研究 (平成 13年度)
Study on aquatic humic substances in the aquatic environment

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE110
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
溶存フミン物質, 微量金属, 錯化
キーワード(英語)
AQUATIC HUMIC SUBSTANCES, TRACE METAL, COMPLEXATION

研究概要

溶存フミン物質は自然水中の溶存有機物の30%-80%を占める。フミン物質は鉄等の微量必須金属と安定な錯体を形成し、その存在状態に大きな影響を与える。金属の存在状態は生物利用可能性と密接に関係しているため、鉄等の金属とフミン物質との錯化反応を定量化する必要がある。本研究ではその手法の開発を目指す。

全体計画

溶存フミン物質と鉄等の金属イオンとの錯化反応における安定度定数と錯化容量を電気化学的手法(adsorptive cathodic stripping voltammetric method)により測定する手法を開発する。

今年度の研究概要

安定度定数と錯化容量を測定する電気化学的手法を確立する。サンプル水の無機イオン組成を変化させずに、溶存有機物濃度を変動させる手法としてUVランプ照射の可能性を検討する。

課題代表者

今井 章雄

  • 企画部
  • フェロー
  • Ph.D. (土木工学)米国テキサス大学オースチン校
  • 工学,化学
portrait