ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境負荷の低減と自然資源の適正管理のための施策とその評価手法に関する研究 (平成 13年度)
Measures and assessment tools for sustainable management of environmental burdens and natural resources

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE016
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
ライフサイクル・アセスメント, 影響評価, 環境負荷, 自然資源, 環境パフォーマンス, 指標
キーワード(英語)
LIFE CYCLE ASSESSMENT, IMPACT ASSESSMENT, ENVIRONMENTAL BURDENS, NATURAL RESOURCES, ENVIRONMENTAL PERFORMANCE, INDICATORS

研究概要

環境への負荷の小さい持続可能な社会の構築が環境政策の基本目標として掲げられる中、環境からの資源採取と、環境への負荷の発生の両面において、環境への影響を最小にとどめるための適切な管理手法が求められている。本研究は、生産・消費活動に伴う資源消費・環境負荷の現状や施策・技術の導入による改善効果を評価する手法を開発・提供することにより、企業・消費者・政府等の関係主体の取り組みの促進に資することを目的とする。このため、以下の研究を行う。
1)ライフサイクルアセスメント(LCA)のケーススタディ、クリティカルレビュー手法、環境ラベルへの適用など, LCAの実践と応用に関する研究
2)環境負荷や資源消費がもたらす影響の評価手法の開発とLCAへの適用に関する研究
3)環境パフォーマンス評価や持続可能性評価のための指標の開発と情報提供手法に関する研究

全体計画

13年度: 未利用エネルギー利用による地域冷暖房の効果をライフサイクル・アセスメントにより評価する。容器など事例検討の対象を設定し、その環境影響を影響別に、かつライフサイクルにわたって概観する。
14年度: 事例調査に基づき、LCAのクリティカルレビュー手法の改良を行う。主要な製品・資材のライフサイクルに対して影響評価手法の適用を試みる。
15年度: 環境負荷データを収集して、簡略化LCAに適合するように整理する。現状の消費システムによる環境影響を問題別に概観し、重要な対象及び工程を把握する。
16年度: LCA、環境パフォーマンス指標などの環境負荷評価手法の導入状況を調査し、その効果の検討、施策への反映の可能性を探る。
17年度: LCA等の環境負荷評価手法の導入・利用実態を踏まえ、さまざまな場面での意思決定に適用することによる効果と、適用に際しての問題点を明らかにする。

今年度の研究概要

未利用エネルギー利用による地域冷暖房の効果を評価し、未利用エネルギー利用の適地やその二酸化炭素排出削減量を推定する。ライフサイクル影響評価手法の開発のため、容器、建設資材、自動車などの事例対象を想定し、国内でこれらの製品を使用することに伴う影響の種類を環境問題別、ライフステージ別に整理する。

備考

平成9年度から本課題に先行して経常研究「物質循環型社会に向けた環境負荷の評価と施策に関する研究」を実施してきたが、物質循環に関係の深いテーマを平成13年度から開始される政策対応型調査研究に移管するなど、研究内容の再編を行い、新たな研究課題として計画したものである。

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 森 保文社会環境システム研究センター
  • 寺園 淳資源循環・廃棄物研究センター