ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PM2.5・DEP発生源の把握と対策評価に関する研究(平成 13年度)
Studies on emission inventories and reduction strategies for particulate matter (PM) and diesel exhaust particle (DEP)

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA295
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
排出インベントリ, 自動車排ガス, 移動発生源, 対策技術
キーワード(英語)
EMISSION INVENTORY,  AUTOMOTIVE EXHAUSTS,  MOBILE SOURCES,  COUNTERMEASURES

研究概要

発生源の的確な把握は、あらゆる環境問題における現象の解明、影響評価、対策立案の全てにおいて不可欠かつ重要な課題である。本課題では、DEPをはじめとする1次粒子、およびNOxやVOCなど2次粒子の生成原因となる物質の発生源の種類と地域分布を把握することにより、PMの大気中における動態解明や影響評価のための基礎データを提供するとともに、これらの発生要因となる人間活動に着目した排出抑制対策とくに自動車交通関連の対策に関する環境改善効果予測手法を開発することにより、PM・DEP問題の的確な把握と対策推進に資することを目的とする。

全体計画

13年度 シャシーダイナモ設備による実験手法および自動車の走行モード調査手法を検討する。トンネル調査や沿道調査により、実走行状態での自動車からの排出特性を定量的に明らかにする。交通・物流データをもとにDEP排出量の地域分布を推計するシステムを設計する。
14年度 シャシーダイナモ設備を用いて走行モードと排出成分の関係を調査する。交通・物流量と平均走行速度の現況をもとに移動発生源からのDEP排出量推計モデルを構築し、メッシュ別分布を推計する。
15年度 DEP排出推計モデルに、シャシーダイナモによる排出成分データと走行モード実測データを組み入れ、排出モデルの高精度化を図る。DEP以外の1次粒子および2次粒子原因物質の排出インベントリの作成に着手する。DEP排出量の削減策をリストアップし、対策効果の推計モデルの基本設計を行う。
16年度 交通・物流システム対策による2次粒子原因物質の排出への影響をモデルに組み入れ、対策実施によるDEPおよびPM原因物質の排出分布の変化を予測する手法の開発を進める。
17年度 交通・物流システムに係るPM/DEP対策の効果を予測するモデルを精緻化し、首都圏地域を対象としたケーススタディを行って対策シナリオごとの効果を予測する。

今年度の研究概要

シャシーダイナモ設備によるDEP実測手法および自動車の走行モード調査手法を検討する。トンネル調査や沿道調査により、実走行状態での自動車からの排出特性を定量的に明らかにする。交通・物流データをもとにDEP排出量の地域分布を推計するシステムを設計する。

課題代表者

森口 祐一

担当者