ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌撹乱化学物質等の管理と評価のための統合情報システムに関する研究 (平成 13年度)
Integrated environmental assessment and management system for EDCs and chemicals

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA169
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
環境情報, 地理情報システム, 環境モデル, リスク評価, リスク管理
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL INFORMATION, GEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEM, ENVIRONMENTAL MODELING, RISK ASSESSMENT, RISK MANAGEMENT

研究概要

内分泌撹乱化学物質の管理と評価を統合的に行うことを目的として、地理情報システム(GIS)をベースとした情報システムの構築を行う。本システムは、(1)環境中の存在状況、野生生物への影響等に関するモニタリング・研究成果のGIS上への集約、(2)排出源情報と環境中の存在状況を結合するための環境モデルシステム、(3)内分泌撹乱作用の毒性評価のためのデータ・手法の開発、を行い、内分泌撹乱化学物質のGISシステム上での管理と影響評価を行うシステムを開発する。

全体計画

平成13年度 (1)河川構造と水量等の河川情報データベースを作成し、GISシステム上に河川モデルを構築する。(2)これに基づき、PRTR排出量データ等を利用する河川濃度予測モデルを構築する。(3)上記にさらに大気グリッドを複合することにより、大気グリッド−河川流域を複合した、多媒体環境動態モデルの基本構造を構築し、定常モデルによるケーススタディーを実施する。モニタリングデータのGIS上への集約を開始する。
平成14年度 農薬の河川濃度予測モデルを構築するため、流域からの流出モデルの開発を開始し、また、非定常流出のモデル化のためのモデル構造の基本設計を行う。必要に応じケーススタディーを実施する。多媒体環境動態モデルについて、定常モデルについての詳細な検討を全国レベルに展開し、物性値の異なる各種内分泌撹乱化学物質に対する適用性を高める。モニタリングデータのGIS上への集約を継続し、これらデータを用いた地理統計手法の検討を行う。
平成15年度 農薬の河川濃度予測モデルを非定常流出を含めてモデル化を行う。多媒体環境動態モデルについて、非定常モデルの計算手法等について基礎的検討を行う。モニタリングデータのGIS上への集約に基づき、環境モデル及び地理統計を総合化した解析手法の検討を行う。
平成16年度 農薬の河川濃度予測モデル、多媒体環境動態モデルの非定常解法についての検討を完了し、各種内分泌撹乱化学物質に関する濃度予測・経年変化マップの作成を行う。また、これら結果の地理統計等の手法と総合化した解析手法を提示する。内分泌撹乱化学物質に関する毒性評価手法の検討を行う。
平成17年度 内分泌撹乱化学物質に関する毒性評価手法の統合化について可能な提示を行い、河川・多媒体濃度予測モデルの成果とあわせ、GIS上における内分泌撹乱化学物質の評価、および今後の対策等の進展に伴う管理を効率的に行うための情報システムを構築する。

今年度の研究概要

河川濃度予測モデルにおいて利用する、河川情報データベースの基本構造の設計を行い、あわせて環境モデルシステムの基本設計を完了した。

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者