ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

将来大気における成層圏水蒸気と極成層圏雲の表面積の変動に関する研究 (平成 13年度)
Study on variation in stratospheric water vapor amount and surface area of Polar Stratospheric Clouds in future atmosphere

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0104CD164
開始/終了年度
2001~2004年
キーワード(日本語)
水蒸気量, 極成層圏雲, 粒径分布, オゾン破壊
キーワード(英語)
WATER VAPOR AMOUNT, POLAR STRATOSPHERIC CLOUDS, SIZE DISTRIBUTION, OZONE DESTRUCTION

研究概要

化学ボックスモデルと3次元化学GCMを用いた数値実験により、二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果気体の増加が引き起こす、地球温暖化に伴う極成層圏雲の量の変化、特に不均一反応過程に直接影響を及ぼす極成層圏雲の表面積の変化と、オゾン破壊との関連を明らかにすることを目的とする。

全体計画

13年度 GCMを用いた温室効果気体増加時の成層圏水蒸気量変動の計算。
14年度 ボックスモデルを用いた極成層圏雲の粒径分布の、気温及び水蒸気量依存性の計算。
15年度 極成層圏雲の粒径分布の、GCM計算用のパラメタリゼーション。
16年度 GCMを用いた、温室効果気体増加時における水蒸気量、極成層圏雲の表面積、オゾン破壊量の計算。

今年度の研究概要

CCSR/NIES化学GCMを用いて、現在の海面水温分布と大気微量成分濃度における、成層圏−対流圏大気の気温、大気循環、物質分布の定常状態を計算し、成層圏の水蒸気の分布、季節変動を調べる。次に、二酸化炭素倍増時の海面水温分布、大気微量成分濃度における定常状態を計算し、これによって成層圏の水蒸気量とその季節変動がどの程度変化するのかを調べる。二酸化炭素倍増時の海面水温分布は、あらかじめ気候モデルで計算された値を用いる。

課題代表者

秋吉 英治

  • 地球環境研究センター
    気候モデリング・解析研究室
  • 室長
  • 博士 (理学)
  • 物理学,地学,コンピュータ科学
portrait