ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

シロイヌナズナのアスコルビン酸合成遺伝子を導入した遺伝子組換え植物の開発 (平成 13年度)
Generate of transgenic plants that are introduced ascorbic acid-biosynthesis genes from Arabidopsis.

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0104AE202
開始/終了年度
2001~2004年
キーワード(日本語)
アスコルビン酸, シロイヌナズナ, 遺伝子組換え植物, 分子育種
キーワード(英語)
ASCORBIC ACID, ARABIDOPSIS, TRANSGENIC PLANT, MOLECULAR BREEDING

研究概要

種々の環境ストレスにより引き起こされる植物への被害は、ストレスにより生じる活性酸素によって引き起こされている。アスコルビン酸はその抗酸化作用により活性酸素の消去に重要な働きを持つと考えられている。本研究は高等植物のアスコルビン酸合成に関与する酵素をコードする遺伝子L-Galactono-1,4-lactone dehydorogenase(AtGLDH)、GDP-mannnose pyrophosphorylase (AtGMP)を導入した遺伝子組換え体を作製し、アスコルビン酸含量の変化した植物の作製を行う。最終的にはこれらの植物におけるアスコルビン酸含量とストレス耐性能との相関を検討する。

全体計画

13年度 センス、アンチセンス方向にAtGLDH及びAtGMPを発現するように改変した遺伝子をシロイヌナズナに導入し、遺伝子が導入された系統の選抜を行う。
14年度 遺伝子組換え系統の選抜を行いつつ、これらの系統での導入された遺伝子のコピー数、発現量を調べる。また、これに伴ってアスコルビン酸含量が変化したかどうかの検討も行う。
15年度 14年度の研究においてアスコルビン酸含量の変化が見られた系統を用いて、活性酸素の発生を伴うストレス(オゾン、UV-B)に対する遺伝子組換え植物の耐性とアスコルビン酸含量の相関をみる。

今年度の研究概要

AtGLDH及びAtGMPのcDNA全長を用いてセンス、アンチセンス方向にこの遺伝子を発現する植物導入用コンストラクトを作成する。これらのコンストラクトをアグロバクテリアに導入し、vacuum infiltration法を用いてシロイヌナズナに形質転換する。任意の抗生物質の入った培地上で遺伝子が導入された系統の選抜を行う。できれば導入遺伝子が後代で分離しないようにこれをホモに持つ系統の選抜を行う。

課題代表者

玉置 雅紀

  • 福島支部
    環境影響評価研究室
  • 主席研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学,農学,生物工学
portrait