ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生殖系列細胞を用いた希少動物種の維持・増殖法の開発に関する基盤研究
1.生殖系列を用いた個体作出法の開発研究
(3) 希少種の増殖率向上に関する研究
3)鳥類胚発生・孵化率診断に関する研究 (平成 13年度)
Genetic analysis for reproductive improvement in avian species

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
0103CB186
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
ウズラ, 近交退化, 遺伝解析
キーワード(英語)
QUAIL, INBREEDING DEPRESSION, GENETIC ANALYSIS

研究概要

希少動物種は、近交退化による繁殖能力の急激な低下により、絶滅が加速されると考えられる。しかしながら、近交退化を回避する具体的な知見は少なく、野生動物の絶滅危惧種を救済するためには、近交退化メカニズムを早急に解明する必要がある。また、生殖系列細胞を用いた本研究では、鳥類の実験動物であるニホンウズラ(Japanese quail,Coturnix japonica)を用いて、先ず実験用ウズラで近交退化メカニズムを調査し、最終的に絶滅危惧種の野鳥を救済する具体的方策を堤示することを目的とする。

全体計画

平成13年度 近交系ウズラの繁殖データより、近交退化の兆候をパラメータ化する。また、環境改善により卵殻を強化する。
平成14年度 ボブホワイトを兄妹交配により急激に近交化しながら、近交退化に耐える家系を選抜する。
平成15年度 近交化実験鳥類より得られた遺伝・環境要因を統合し、野鳥での実験例と比較する。

今年度の研究概要

(1)近交系ウズラの53世代に亘る繁殖能力のデータを入力し、近退交化のメカニズムを胚発生レベルで解析する。
(2)近交系ウズラの絶滅型・回復型モデルから得られた近交退化の兆候を、胚発生ステージ毎にパタメータ化する。
(3)近交系ウズラをモデルとして、ミネラル添加による卵殻質の改善を図る。

課題代表者

高橋 慎司

担当者

  • 清水 明