ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

耐久財起源の循環資源の適正管理に関する研究 (平成 13年度)
A study on the sound management of recyclable resources originating from durables

予算区分
BE 環境-廃棄物処理
研究課題コード
0103BE278
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
循環資源, 耐久財
キーワード(英語)
RECYCLABLE RESOURCES, DURABLES, MATERIAL FLOWS

研究概要

廃棄物には、容器包装や厨芥、製品生産過程で生じる産業廃棄物などのように、短期・恒常的に生じるもののほか、家電製品や自動車などの耐久消費財や、建造物や生産設備といった固定資本など、ストックとして蓄積された財が寿命を終えた段階で生じるものが含まれる。既に建設解体廃棄物や耐久消費財は、廃棄物発生量に大きな割合を占めているが、耐久財起源の循環資源は、今後ますます重要度を増すと考えられる。そこで本研究は、こうした耐久財起源の循環資源に焦点をあて、今後の発生量を予測し、そこに含まれる物質の有用性・有害性などの質的側面を評価するとともに、リサイクル・適正処理処分促進のための技術や施策等の管理手法とその効果について検討することにより、循環型社会形成に資する知見を提供することを目的とする。

全体計画

13年度 物量産業連関分析やマテリアルフロー分析に基づくストック増加量およびストック累計量の推計、統計的手法を用いた保有水準・使用年数予測、現存ストック量と滅失率・残存率に基づく廃棄量予測などを組み合わせ、耐久財から将来発生する循環資源の量を予測する手法を開発し、自動車、家電製品、住宅、公共構造物など、主要な耐久財を対象として、発生量予測を行う。また、耐久財から今後発生する循環資源・廃棄物の種類や量を踏まえ、これらのリサイクル・適正処理の促進のために必要となる技術、経済的手段等について検討するとともに、今後発生する循環資源の量的・質的変化を考慮した法制度的対応について、諸外国との比較を交えて検討する。
14年度 ライフサイクルインベントリ分析やサブスタンスフロー分析の方法を参考に、耐久財の主要構成物質の量を把握し、再使用、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、熱回収など循環利用の可能性ごとに分類してその量を整理する。一方、量的には小さいが有害性等の観点から適正処理が困難な物質について、その量の把握に関する事例研究を行う。また、廃棄物の発生抑制の観点から、耐久財の長寿命化、高耐久化の促進施策と阻害要因について検討する。さらに、リサイクル促進や長寿命化による耐久財自身の需要変動や関連産業の需要変動が、所得分配や雇用・資本集積などの経済面に与える影響の分析手法を開発する。
15年度 前年度までに得られた物質構成情報と循環資源発生量予測結果とを組み合わせ、いつ、どのような種類の循環資源、適正処理困難な廃棄物がどれだけ発生するかを予測する。耐久財のライフサイクルにおける環境負荷・環境影響の分析および経済波及効果の分析を行い、耐久財のリサイクル促進や長寿命化・高耐久化などの管理方策の導入とこれらによる経済面・環境面の影響との関係を明らかにする。

今年度の研究概要

(1)耐久財起源の循環資源の発生量予測
物量産業連関分析やマテリアルフロー分析に基づくストック増加量およびストック累計量の推計、統計的手法を用いた保有水準・使用年数予測、現存ストック量と滅失率・残存率に基づく廃棄量予測などを組み合わせ、耐久財から将来発生する循環資源の量を予測する手法を開発し、自動車、家電製品、住宅、公共構造物など、主要な耐久財を対象として、発生量予測を行う。
(2)耐久財起源の循環資源の適正管理方策の検討
耐久財から今後発生する循環資源・廃棄物の種類や量を踏まえ、これらのリサイクル・適正処理の促進のために必要となる技術、経済的手段等について検討するとともに、今後発生する循環資源の量的・質的変化を考慮した法制度的対応について、諸外国との比較を交えて検討する。

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 寺園 淳資源循環・廃棄物研究センター