ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-56 環境低負荷型オフィスビルにおける地球・地域環境負荷低減効果の検証
(1)研究棟における熱の挙動モニタリング及び各種対策技術効果検証実験 (平成 13年度)
B-56 Diagnose on reduction effect of global and regional environmental load in an office building with low-environmental load technologies

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA263
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
エネルギー消費, 空調負荷, LCA, 人工排熱, オフィスビル
キーワード(英語)
ENERGY CONSUMPTION, AIR CONDITIONING, LCA, ANTHROPOGENIC HEAT, OFFICE BUILDING

研究概要

地球環境保全に配慮した建築手法として、地球温暖化防止に有効な熱負荷低減手法などの様々な提案が先進国でなされており、日本においても建設省官庁営繕部が「グリーン庁舎計画指針」を策定するなど、積極的な対応を図っている。しかしながら各手法の効果については、提案されて日が浅いこともあり、具体の事実で確認された例は非常に少ない。日本はその気候柄、欧米諸国で開発された手法をそのまま取り入れるには困難な事柄も多く、特に喫緊に検討すべきは日射遮蔽と自然光利用の併用の可能性である。現在、国立環境研究所敷地内に地球温暖化対策国際研究棟の建設が行われており、平成13年度当初より供用が開始される。当該研究棟自身にも20数種の地球環境保全手法が採用されることになっており、継続的なモニタリングにより、各手法のより効果的なディテールや方針が検討される数少ないチャンスである。本研究棟で採用された各種の環境保全手法の効果を(心理的な快適性も含めて)定量的に明らかにし、今後のオフィスビル建設時の考慮の一助とする必要がある。

全体計画

平成13年度は、フレックスタイム制度を導入して屋内人間活動密度を分散させた場合、節電をこまめに実行した場合など、人間活動のバリエーションに応じた屋内外熱環境負荷、エネルギー消費量が比較できるような実験を設計(屋内外センサーの取り付け個所など)・計画し、モニタリングを開始する。比較実験は南面の研究室を、個別の対策技術に割り当てて実施する。また、本研究棟の事例と比較するため、海外の先駆的事例について情報収集を行う。さらに、建物開口部における日射遮蔽と自然光利用の併用可能性を中心的なテーマとして、窓面における熱と光の制御効果に関するモニタリングを行う。さらに、大面積太陽光発電パネル敷設効果の検証、屋上スラブ下空間通風効果の検証をこのモニタリングを通じて実施する。平成14年度は、建物開口部の構造に関して、白濁ガラス(複層)と通常複層ガラス、通常ガラスの比較実験(室内居住環境、アメニティーの視点を含む)を行い、個別技術の導入可能性を検討する。また、建物内部における人間の行動、エネルギー消費の屋内外環境へのレスポンスを探るため、各種ライフスタイルシナリオの下での比較モニタリングを行う。屋上面の構造に関しては、高アルベド塗料と通常塗料、屋上緑化の比較を行う。また、これらの複合的な適応例として、複層ガラスと室内気流制御の組合せ効果の検証を行う。さらに、個別の対策技術の効果を理論的に実証するため、照明及び室内熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデル、屋外熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルの開発を行う。平成15年度は、本研究棟において得られたデータにもとづいて個別の対策技術を評価し、国際的な普及の一助とするため、国内外の建築家、環境科学者等を招へいして実地検討会を行うほか、国際シンポジウムを開催する。また、個別の対策技術の効果を理論的に実証するため、照明及び室内熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルによる検証、屋外熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルによる検証を行う。さらに、研究棟運用段階における個別対策技術の二酸化炭素排出量・コストパフォーマンスからみた評価を行い、各種技術の導入可能性を検討する。

今年度の研究概要

一見矛盾した概念とも見える日射遮蔽と自然光利用の併用の可能性を中心的なテーマとし、建物各部に取り入れた様々な環境保全手法について、以下の研究を進める。(1)建物の各部位における放射と熱の挙動に関する通年モニタリング、(2)熱・光・心理面(アメニティー)を含めたオフィス(研究棟)内外空間の快適性向上の検討、(3)日本の気象条件、建物使用実態に即した環境負荷低減手法の効果の確認、(4)屋外熱環境に対する建物内部の人間活動の影響のリアルタイムでの把握。

課題代表者

一ノ瀬 俊明

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学) (東京大学)(都市工学専攻論文博士)
  • 土木工学,地理学
portrait