ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

G-2 砂漠化指標による砂漠化の評価とモニタリングに関する総合的研究 (平成 13年度)
G-2 Synthetic studies on evaluation and monitoring of desertification

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA001
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
アジア地域テーマ別プログラムネットワーク, 環境資源, 砂漠化指標, 砂漠化総合モデル, 砂漠化対処条約, 評価, モニタリング
キーワード(英語)
DESERTIFICATION INDICATORS, ENVIRONMENTAL RESOURCES, EVALUATION, INTEGRATED MODEL OF DESERTIFICATION, MONITORING, TPN, UNCCD

研究概要

1998年に砂漠化対処条約(UNCCD)の締約国となった日本には、アジア地域のテーマ別プログラムネットワーク(TPN)、特に最初に立ち上がったTPN1「砂漠化のモニタリングと評価」という地域活動に関する積極的な研究支援・技術的貢献が期待されている。そこで、本研究では、アジア各地域における砂漠化の各プロセス(背景情報、直接的/間接的要因、砂漠化の状況、その影響、対策の効果等)に関する調査研究を進めると共に、砂漠化の統一的な評価システムの確立の基礎となる有効な砂漠化指標の抽出・提示を行う。また、砂漠化の各プロセスの因果関係を定量的に説明可能な砂漠化総合モデルの開発を進める。さらに、それらの砂漠化地域における広域および地域レベルのモニタリング手法を開発・提示することにより、UNCCD/TPN1に資する研究を展開する。

全体計画

13年度 中国内モンゴル地域を中心に、衛星データ等を用いて広域的生物生産力(kg乾重/m2/年)を推定する手法を開発する。また、砂漠化の進行/砂漠化からの回復の指標に関連した文献や、砂漠化総合モデルのパラメタライゼーションに必要なデータの収集とレビューを行い、データベース化を進める。
 中国内モンゴルの半乾燥地域(フフホト)や乾性半湿潤地域(ホルチン)、カザフスタンの北部半乾燥地域(ショルタンディ)や南部乾燥地域(クジルオルダ)、パキスタンのインダス川中流の乾燥地域(ファイザラバード)の灌漑農業および放牧地域を対象に、砂漠化プロセスに関連する環境資源(気候/植生/土壌等)・社会経済等の資料・文献等の情報を収集し、各地域モデル構築の基礎となるデータベースを構築する。また、各地域の自然的土地条件・社会経済条件・土地利用等に関する現地調査を行い、砂漠化モニタリングを実施する地区を選定し、観測機器の設置など環境資源モニタリングの準備を行う。
14年度 中国内モンゴル地域に加え中央アジア地域において、衛星データ等を用いて現時点の広域的生物生産力を推定する。さらに気候条件に基づく潜在的な生物生産力を推定するモデルを開発し、潜在的な生産力と実際の生産力との比較による砂漠化程度(進行度/回復度)の評価を試みる。前年度に引き続き、砂漠化指標に関連した資料/情報収集を継続すると共に、特に植生指標の環境特性に関する調査を実施する。また、砂漠化総合モデルの構築を試みる。
 前年度に設定した、中国内モンゴル地域、カザフスタンの北部/南部地域、パキスタンのインダス川中流域の砂漠化モニタリング地域周辺において、環境資源に対するモニタリングを実施すると共に、村落レベルの社会経済調査等によって、各地域に特徴的な砂漠化プロセスに関する指標群を抽出・選定し、環境資源変動と社会経済政策の変化との関係について検討する。
15年度 中国内モンゴル・中央アジアに加え、パキスタン等の衛星データ等を用いて現時点の広域的生物生産力を推定する。また対象地域について人口密度図と生産力地図、さらに地域の社会経済状況を勘案することにより、砂漠化地域の脆弱性評価を行う。前年度に引き続き、砂漠化指標に関する情報収集や植生指標に関する研究を継続し、また、砂漠化総合モデルを完成させると共に、砂漠化対処のための政策オプションの検討および評価を行い、効率的・合理的な砂漠化対策の検討を試みる。
 前年度に引き続き、各地域でモニタリングデータの収集・解析を継続し、各地域における砂漠化プロセスの精緻化を行い、砂漠化に伴う環境資源変動評価のための砂漠化指標群を提示する。また、広域的生物生産力との関係について解析すると共に、本研究において開発した砂漠化総合モデルを実際に各地域に適用することにより、その妥当性を検証する。

今年度の研究概要

1)中国内モンゴル地域を中心に、衛星データ等を用いて現時点の広域的生物生産力(kg乾重/m2/年)を推定する手法を開発する。
2)砂漠化の進行/砂漠化からの回復の指標に関連した文献や、砂漠化総合モデルのパラメタライゼーションに必要なデータの収集とレビューを行い、データベース化を進める。
3)中国内モンゴルの半乾燥地域(フフホト)や乾性半湿潤地域(ホルチン)、カザフスタンの北部半乾燥地域(ショルタンディ)や南部乾燥地域(クジルオルダ)、パキスタンのインダス川中流の乾燥地域(ファイザラバード)の灌漑農業および放牧地域を対象に、砂漠化プロセスに関連する環境資源(気候/植生/土壌等)・社会経済等の資料・文献等の情報を収集し、各地域モデル構築の基礎となるデータベースを構築する。
4)上記各地域の自然的土地条件・社会経済条件・土地利用等に関する現地調査を行い、砂漠化モニタリングを実施する地区を選定し、観測機器の設置など環境資源モニタリングの準備を行う。

備考

 砂漠化対処条約(UNCCD)のアジア地域テーマ別プログラムネットワーク(TPN)、特に最初に立ち上がったTPN1「砂漠化のモニタリングと評価」(ホスト国:中国)という地域活動と連携。

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait

担当者

  • 戸部 和夫
  • 邱 国玉
  • 鄭 元潤