ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

F-4 高度情報・通信技術を用いた渡り鳥の移動経路と生息環境の解析および評価に関する研究
1.衛星画像とGIS手法を用いた渡り鳥生息地の環境解析と変化予測に関する研究 (平成 13年度)
F-4 Investigation of migration routes and habitats of migratory birds using advanced information and communication technology
1.Investigation of habitats of migratory birds using satellite image analysis and GIS techniques

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA030
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
湿地, 渡り鳥, モニタリング, リモートセンシング, GIS
キーワード(英語)
WETLAND,MIGRATORY BIRD,REMOTE SENSING,GIS

研究概要

近年、長距離移動性の渡り鳥が世界各地で急速に減少している。その主な原因は、繁殖地、中継地、越冬地それぞれでの環境破壊であると考えられている。渡り鳥の急減は、単に渡り鳥そのものの消失を意味するだけでなく、渡る先々での生態系の歪みの発生を意味している。渡り鳥が消失することになれば、それらを媒介とする生物間の相互作用が機能しなくなり、生態系の健全性が損なわれることになる。その意味で、渡り鳥の保全は、渡り鳥によって連結されている世界各地の自然環境の保全に深く関わっており、私たち人間の生活とも密接に結びついている。渡り鳥の保全を目指す研究を進展させるためには、渡り鳥が非常に広い範囲を移動するため、人工衛星を利用した移動追跡や衛星画像による環境解析などの技術が不可欠である。本研究は、これらの高度情報・通信技術を利用するとともに、全地球測位システム(GPS)を用いた新たな追跡技術をも開発しながら、渡り鳥とその生息環境の保全を進めることに貢献する。

全体計画

13年度: 衛星画像による渡り鳥生息地の環境解析手法を開発するとともに、GIS(Geographic Informa-tion System)を用いて渡り鳥の行動範囲や営巣地と地理環境特性との関連性を解析する手法を開発する。また、東アジアを対象として過去20〜30年間の自然環境の変化を調査するための衛星データを収集しデータベース化する。
14年度:衛星画像による渡り鳥生息地の環境解析手法と、GISによる鳥の行動と地理環境特性の関連性解析手法を検証し確立する。また、過去の衛星データから東アジアにおける渡り鳥(主にコウノトリ)生息地の環境変化を抽出し、渡り鳥の減少との因果関係を調べる。
15年度:東アジアにおける渡り鳥生息地の環境変化と渡り鳥の減少との因果関係を明らかにする。また、2年間の成果に基づき、衛星追跡により抽出された重要生息地の環境変化が、渡り鳥の生息状況に及ぼす影響の予測を行う。

今年度の研究概要

渡り鳥生息地解析に向けての衛星画像解析及びGIS解析手法の開発

課題代表者

田村 正行

担当者