ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-13 温帯高山草原生態系における炭素動態と温暖化影響の解明に関する研究 (平成 13年度)
B-13 Carbon dynamic in and impact of climate change on grasslands in an alpine temperate ecosystem

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA141
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
草原, 炭素動態, 温暖化, 気候変動, チベット高原
キーワード(英語)
GRASSLAND, CARBON DYNAMIC, GLOBAL WARMING, CLIMATE CHANGE, QINGHAI-TIBET PLATEAU

研究概要

温帯高山草原生態系における炭素動態の解明は陸域全体の炭素収支の評価においても重要なカギであり、特に青海・チベット高山草原は、東アジア地域の気候変動に大きな影響を及ぼしている。このことから、温帯高山草原における炭素動態と温暖化影響の解明は是非とも必要である。本研究は、代表的な温帯高山草原生態系、とりわけ、青海・チベット高山草原生態系において、炭素蓄積と生物気象環境の時間的空間的変動特性を明らかにし、炭素動態および炭素動態に及ぼす温暖化の影響を解明することを目的とする。

全体計画

13年度:典型的な温帯高山草原について生物気象環境・生態系によるCO2の吸収・分解と蓄積量について、観測システムを組み立て、測定方法を確立し、短期的変動についての測定を行なう。当該草原生態系に関して、これまで収集した生物気象環境・草原生産性についてのデータの解析を行なう。
14年度:上記の生物気象環境・生態系の炭素動態についての観測を継続し、これらのデータの季節変動特性を明らかにする。またモデルによって上記の観測データと収集した既存データの関係を明らかにし、季節変動または長期変動について解析を行なう。
15年度:観測を継続し、前年度のデータから生物気象環境と生態系の炭素動態について空間的変動特性に焦点を絞って、シミュレーションモデルと測定データから温帯高山草原生態系の炭素動態と温暖化の影響を総合的に評価する。

今年度の研究概要

(1)典型的な温帯高山草原、とりわけ、青海・チベット草原生態系において、生物気象環境(日射、温度、降水、CO2環境)を長期・連続測定システムを組み立て、短期変動についての観測と測定を始める。
(2)また、代表的な高山草原生態系(青海・チベット)で、植物個体・群落レベルのCO2の吸収(光合成活性)・分解と蓄積量の時間的変動についての測定と解析を行なう。
(3)さらに、当該草原生態系に関して、これまで収集できた生物気象環境・草原生産性についてのデータの整理・解析を行なう。

備考

[外国共同研究機関]
中国科学院西北生物研究所、中国北京大学

課題代表者

唐 艶鴻