ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

H-9 環境勘定・環境指標を用いた企業・産業・国民経済レベルでの持続可能性評価手法の開発に関する研究
(2) マテリアルフロー勘定を用いた環境・資源効率指標の開発に関する研究 (平成 13年度)
H-9 Development of environmental accounting and indicators for measuring sustainability at company, industry and national level
(2) Development of environmental and resource efficiency indicators using Material Flow Accounting

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA038
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
環境勘定, 環境指標, マテリアルフロー, 環境効率, 資源生産性
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL ACCOUNTING, ENVIRONMENTAL INDICATORS, MATERIAL FLOW, ENVIRONMETAL EFFICIENCY, RESOURCE PRODUCTIVITY

研究概要

「持続可能な発展」や「環境政策と経済・産業政策の統合」は概念としては広まったものの、その具体的意味の共通理解は不十分なままであり、その実現への具体的道筋は未だに明らかではない。従来の国レベルの経済指標や生産性指標、企業の経営指標は、地球環境保全を考慮した意思決定には不十分であり、各経済主体の活動が、持続可能な方向に向けられているかを判断するための尺度が必要である。リオ+10に向けて「持続可能な発展」の進捗を計測する指標開発が重要課題とされ、OECDの「環境情報勧告(1998年)」においても、指標開発と意思決定への利用促進を求めている。また、1993年の国民経済計算体系(SNA)の国際標準改訂の際に試行的に導入された環境経済統合勘定(SEEA)について、2000年版改訂草案が公表され、これに呼応した新たな研究の実施が早急に必要である。一方、企業レベルでも環境面からの格付けなどの社会的ニーズが手法開発に先行しており、信頼できる手法の提供が急務である。そこで、本研究は、環境勘定(環境会計)や環境指標の手法を用いて、さまざまなレベルの経済主体ごとに、その活動の環境面での持続可能性の度合いを計測するための手法を開発することにより、産業・経済活動のより持続可能な方向への転換に資することを目的とする。

全体計画

13年度 先行研究で試作した多次元物量投入産出表(MDPIOT)について、SEEA2000との整合性の向上、「隠れたマテリアルフロー」の記述、貿易による国際連関の明示のための枠組みの再構築を行う。また他のサブテーマ担当機関が担当して実施する企業・業界単位のボトムアップデータをMDPIOTに記載する方法の検討を行う。さらにエコロジカル・フットプリント分析との相互比較を行う。
14年度 初年度に再構築した枠組みに沿って、化石燃料、金属鉱物、建設原材料、動植物性資源、汚染物質・廃棄物等の区分ごとに、貿易統計、産業連関表等のマクロ統計および企業・業界単位のボトムアップデータをもとに、主要物質の物的フローの数量をMDPIOTに登録する。
15年度 前年度までに構築したMDPIOTを用いて、各経済活動部門が直接にひきおこす資源消費・環境負荷、および製品等の最終財の消費に伴って波及的・間接的に国内外で生じる資源消費・環境負荷を定量化し、これと貨幣単位の産業連関表を組み合わせることにより、各経済活動部門ごとの環境効率指標、資源生産性指標を算出する。

今年度の研究概要

先行研究で試作した多次元物量投入産出表(MDPIOT)について、SEEA2000との整合性の向上、「隠れたマテリアルフロー」の記述、貿易による国際連関の明示のための枠組みの再構築を行う。また他のサブテーマ担当機関が担当して実施する企業・業界単位のボトムアップデータをMDPIOTに記載する方法の検討を行う。さらにエコロジカル・フットプリント分析との相互比較を行う。

課題代表者

森口 祐一

担当者