ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

反応性窒素酸化物の野外観測による対流圏オゾンの生成・輸送過程の研究(平成 13年度)
Understanding the mechanisms of the production and transport regimes of tropospheric ozone via field observations of reactive nitrogen oxides

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0103AE287
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
反応性窒素酸化物、パーオキシアセチルナイトレート、対流圏オゾン、光化学、長距離輸送
キーワード(英語)
REACTIVE NITROGEN OXIDES, PEROXYACETYL NITRATE, TROPOSPHERIC OZONE, PHOTOCHEMISTRY, LONG-RANGE TRANSPORT

研究概要

野外観測によって反応性窒素酸化物の挙動を理解し、対流圏オゾンの生成・輸送過程の解明に寄与する。

全体計画

(1)地表ステーションにおけるオゾンの通年観測。(2)リモート地域における主な窒素酸化物供給源であるパーオキシアセチルナイトレートの測定法確立と野外観測。

今年度の研究概要

(1)地表ステーションにおけるオゾンの通年観測。(2)リモート地域における主な窒素酸化物供給源であるパーオキシアセチルナイトレートの測定法確立と野外観測。

課題代表者

谷本 浩志

  • 地球環境研究センター
    地球大気化学研究室
  • 室長
  • 博士(理学)
  • 化学,物理学,地学
portrait