ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

レーザー誘起蛍光法を用いたラジカルの検出と反応に関する研究 (平成 13年度)
Studies on the detection of the radicals and their reactions by using a laser-induced fluorescence method

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0103AE090
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
レーザー誘起蛍光法, ラジカル, ラジカル反応
キーワード(英語)
LASER-INDUCED FLUORESCENCE METHOD, RADICAL, RADICAL REACTION

研究概要

大気中においてラジカルは極めて反応性が高いために様々な大気中での反応に関与しており、これらラジカルの反応を明らかにすることは大気化学を理解するうえで必要である。しかし、ラジカルの反応を研究する場合、ラジカルは反応性が高いために低濃度の条件で、さらに短時間での測定が必要になる。本研究ではこれらの条件が可能な方法の1つであるレーザー誘起蛍光法を用いて、ラジカルの高感度検出を行い、さらにラジカル反応の研究を行う。

全体計画

オレフィンの酸化反応の1つであるオレフィンと酸素原子の反応は、エチレンと酸素原子の反応の類推から、その初期過程はビノキシ型ラジカルが生成する過程とアルキルラジカルが生成する過程と考えられる。ビノキシ型ラジカルをレーザー誘起蛍光法を用いて検出することで、オレフィンと酸素原子の反応を解明する。

今年度の研究概要

ハロゲン(フッ素・塩素)置換型エチレンと酸素原子の反応で生成するハロゲン置換型ビノキシラジカルの検出・同定・構造決定を行う。

課題代表者

猪俣 敏

  • 環境計測研究センター
    反応化学計測研究室
  • 室長
  • 博士(理学)
  • 理学 ,化学
portrait