ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

水位変動が水生植物群落におけるガス動態に及ぼす影響 (平成 13年度)
The effect of water level for gas flux in aquatic macrophytes stands

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0103AE144
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
水生植物, ガス交換, 換気, 浄化機能, 底質, 酸化還元電位
キーワード(英語)
AQUATIC MACROPHYTES, GAS EXCHANGE, VENTILATION, PURIFICATION, SEDIMENT, ORP

研究概要

陸域と水域の移行帯によく見られるヨシなどの抽水植物は、常に水位変動にさらされている。この水位変動は、植物の形態や成長だけでなく生育環境である土壌の酸化還元状態などにも影響を及ぼし、群落全体のガス動態にも影響を及ぼしていると思われる。本研究では水位変化をつけることができる実験施設で抽水植物のヨシを用いて、植物体経由と土壌表面から放出されるガス、特にO2、CH4、CO2フラックスについて定量化することで、水位が群落全体のガス動態に及ぼす影響を明らかにする。

全体計画

13年度 ヨシ植栽有底枠2基と土壌のみの有底枠2基で、水位を変えながら測定を開始する。植物体経由のガスフラックスと底泥から放出されるガスフラックス測定の確立する。
14年度 ガスフラックスの測定と植物体のバイオマス(地上部+地下部)、底質環境の測定(温度、ORP,EC,pH,水位)を行なう。
15年度 水位変動の周期を変えて実験する。

今年度の研究概要

ヨシ植栽有底枠2基と土壌のみの有底枠2基で、水位を変えながら栽培および測定を開始する。

課題代表者

矢部 徹

  • 生物・生態系環境研究センター
    生態系機能評価研究室
  • 主任研究員
  • 博士(理学)
  • 生物学
portrait