ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

最終処分場による環境汚染防止のための対策手法検討調査(平成 13年度)
Establishment of Early Warning System for Risk Management at Landfill Site

予算区分
BE 環境-廃棄物処理
研究課題コード
0102BE307
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
最終処分場, 台帳, 跡地利用, GIS, 電子化, 総合安定度指標
キーワード(英語)
LANDFILL SITE, LANDFILL REGISTER, RECLAMATION, GIS, ELECTRONIC DOCUMENTATION, INTEGRATED STABILITY INDEX

研究概要

埋立が終了した最終処分場等において、環境汚染が適切に防止されているかどうかを点検し、予め具体的な対策手法を構築する。また、埋立が終了した最終処分場については、廃止された後は都道府県において最終処分場の台帳情報を調整していることから、これらの情報を埋立時期等の関連情報とともにGIS化し、環境汚染防止の点検及び開発事業者等への情報提供に資するよう、情報の活用方法について検討する。

全体計画

13年度 最終処分場情報の電子化及び土地、地質、水文情報のGIS化と電子化情報の活用方法の検討を行う。またいくつかの最終処分場を実地対象とした定義・分類のケーススタディを行い、処分場評価アルゴリズムの概略設計ならびにソフトウェア化により最終処分場跡地等を定義・分類する。
14年度 最終処分場跡地については、最終処分場の敷地境界が明確でないことが想定されるので、そのような場合における調査地点の境界の特定方法を検討する。また、最終処分場跡地等の現状評価の具体的な方法について、調査項目及びその調査技術について検討を行う。

今年度の研究概要

13年度 最終処分場情報の電子化及び土地、地質、水文情報のGIS化と電子化情報の活用方法の検討を行う。またいくつかの最終処分場を実地対象とした定義・分類のケーススタディを行い、処分場評価アルゴリズムの概略設計ならびにソフトウェア化により最終処分場跡地等を定義・分類する。14年度 最終処分場跡地については、最終処分場の敷地境界が明確でないことが想定されるので、そのような場合における調査地点の境界の特定方法を検討する。また、最終処分場跡地等の現状評価の具体的な方法について、調査項目及びその調査技術について検討を行う。

備考

2001〜2002年度の期間は、当該研究費で実施。

課題代表者

井上 雄三

担当者