ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

落石・波照間におけるNOx及びオゾンの動態解析 (平成 13年度)
Study on the behavior of NOx and ozone at Ochiishi and Hateruma

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0102AE088
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
窒素酸化物, オゾン, モニタリング
キーワード(英語)
NOX, OZONE, MONITORING

研究概要

落石と波照間において連続測定を実施している窒素酸化物とオゾンのデータを精査・解析し、それらの季節変動や経年変化等の実態を明らかにすると共に流入大気の解析からその原因について検討する。

全体計画

13年度 落石・波照間の窒素酸化物とオゾンの測定データを精査する。
14年度 後方流跡線解析による流入大気の分類と濃度変動との関連を検討する。 

今年度の研究概要

蓄積されている落石・波照間の窒素酸化物とオゾンの測定データを精査し、他の微量成分測定データとの変動の関連性を明確化する。

課題代表者

酒巻 史郎