ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

大気と森林生態系間の酸素と二酸化炭素の交換比率に関する研究 (平成 13年度)
Study of O2/CO2 exchange ratio between the atmosphere and the forest ecosystem

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0102AE099
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
大気中酸素, 大気中二酸化炭素, 光合成, 呼吸, 森林生態系
キーワード(英語)
ATMOSPHERIC OXYGEN, ATMOSPHERIC CARBON DIOXIDE, PHOTOSYNTHESIS, RESPIRATION, FOREST ECOSYSTEM

研究概要

最近、酸素濃度を高精度で分析する方法が開発され、大気中の酸素濃度の季節変動や経年変動が観測されるようになってきた。酸素は二酸化炭素と密接に関連しており、大気中の酸素濃度の変動は炭素循環に対して新たな情報を与えると期待されている。陸上植物が光合成や呼吸をする際の酸素と二酸化炭素の交換比率は大気中の酸素濃度の変動を解析する上で重要である。しかし、実際の生態系において酸素と二酸化炭素の交換比率を計測した例はごく限られている。本研究では森林生態系において大気中の酸素と二酸化炭素の変動を測定し、その交換比率を調べることを目的とする。

全体計画

13年度 森林内に大気自動採取システムを設置し、森林内空気の採取を毎月行う。採取された森林内空気の酸素濃度および二酸化炭素濃度の変動から交換比率を求める。
14年度 前年に引き続き森林内空気の採取を継続する。さらに、土壌呼吸による酸素と二酸化炭素の交換比率を調べるために、土壌空気を採取する。2年間の測定で得られた森林内での酸素と二酸化炭素の交換比率について、その平均値や変動の大きさ、季節変動の有無を調べる。さらに、土壌呼吸による酸素と二酸化炭素の交換比率との比較を行う。

今年度の研究概要

北海道苫小牧国有林の落葉針葉樹林(カラマツ人工林)に大気の自動採取装置を設置する。森林内空気の採取は2時間毎に2日間行い、これを毎月繰り返す。大気試料の酸素および二酸化炭素濃度を分析し、それぞれの濃度をプロットした際の傾きから酸素と二酸化炭素の交換比率を求める。

課題代表者

遠嶋 康徳

  • 環境計測研究センター
    動態化学研究室
  • 室長
  • 理学博士
  • 化学
portrait