ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

FS-4 モンゴルにおける酸性・酸化性物質に対する植物感受性に関する予備的研究 (平成 13年度)
FS-4 Fisibility study on plant susceptibility to acidic/oxidative substances in Mongoria

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0101BA005
開始/終了年度
2001~2001年
キーワード(日本語)
乾燥・半乾燥地域, 酸性・酸化性物質, 植物感受性, 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク, モンゴル
キーワード(英語)
ACIDIC/OXIDATIVE SUBSTANCES, ARID/SEMI-ARID REGION, EANET, MONGORIA, PLANT SUSCEPTIBILITY

研究概要

近年、東アジア・東南アジア地域の産業・経済の発展は著しく、これらの地域における酸性・酸化性物質の陸域生態系に及ぼす影響が懸念されている。このため、日本国としては、東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)を関係アジア諸国と共に構築し、その活動を支援しているところである。しかし、これらの活動は緒に付いたばかりであり、政府関係者ばかりでなく、地球環境研究者の支援を必要としている。特に酸性・酸化性物質の陸域生態系影響を評価する上で、重要な因子の一つと考えられる植物感受性については、欧米や日本における研究事例は多いが、今後、酸性・酸化性物質の影響問題が顕在化すると思われる東アジア地域においては、未だ十分に検討されていない。
 そこで、東アジア乾燥温帯の代表的な植生における酸性・酸化性物質の影響について、植物の感受性を含めた検討を行うことを目的として、モンゴルを対象に、本格的研究に至る課題検討調査研究を実施する。本研究では、モンゴルのような半乾燥地域に生育する樹木や草本植物など、これまで十分に考慮されてこなかった植生の酸性・酸化性物質に対する感受性について、文献等から関連する知見を得ると共に、フィールド植生調査、日本国内における予備的な暴露実験等を通じて、今後の本格的研究の可能性について検討する。なお、本研究は、EANETによって構築されつつある関連研究者等のネットワークと連携して実施する。

全体計画

本格的研究に至る課題検討調査研究として、具体的には以下の検討を行う。
1)ウランバートル近郊丘陵地域における現地調査
 ウランバートル近郊の丘陵地域において、大気中の酸性・酸化性物質や土壌および植生に関する基礎データ取得のための現地調査を実施する。火力発電所風下方向に位置する斜面付近に広がるカラマツ林および山麓の草地について以下の調査を行う。
 (1)パッシブサンプラー等を用いた測定により、オゾン、二酸化硫黄など酸性・酸化性物質の当該丘陵地域への移流を、気象条件等との関係に留意して検討する。
 (2)森林および草原の土壌について、pH、交換性陽イオンなどの基本的化学特性を検討する。
 (3)植生分布および樹木の被害状況などを調査する。必要に応じて、光合成活性の測定などについても検討する。
2)環境制御室による酸性・酸化性物質暴露実験
 モンゴルの現地に生育する草本植物、または現地で生育しているものと同種の樹木苗木を用いて、酸性・酸化性物質の暴露実験等を予備的に実施し、植物の感受性について検討する。温度・湿度の設定については、現地の環境条件に留意する。
 (1)オゾンや二酸化硫黄などの大気汚染ガスに対する植物の感受性について、ガス暴露用環境制御室を用いて検討する。
 (2)人工酸性雨やそれによる土壌酸性化に対する植物の感受性について、環境制御室等を用いて検討する。
3)東アジアにおける酸性・酸化性物質の陸域生態系への影響評価に関する検討会
 研究者を中心とした検討会を設置し、モンゴルにおける文献・情報を収集整理する。また現地調査や暴露実験の結果について検討する。さらに、東アジアにおける植生影響評価手法やモニタリング手法の確立を目指した検討を行う。

今年度の研究概要

本格的研究に至る課題検討調査研究として、具体的には以下の検討を行う。
1)ウランバートル近郊丘陵地域における現地調査
 ウランバートル近郊の丘陵地域において、大気中の酸性・酸化性物質や土壌および植生に関する基礎データ取得のための現地調査を実施する。火力発電所風下方向に位置する斜面付近に広がるカラマツ林および山麓の草地について以下の調査を行う。
 (1)パッシブサンプラー等を用いた測定により、オゾン、二酸化硫黄など酸性・酸化性物質の当該丘陵地域への移流を、気象条件等との関係に留意して検討する。
 (2)森林および草原の土壌について、pH、交換性陽イオンなど基本的化学特性を検討する。
 (3)植生分布および樹木の被害状況などを調査する。必要に応じて、光合成活性の測定などについても検討する。
2)環境制御室による酸性・酸化性物質暴露実験
 モンゴルの現地に生育する草本植物、または現地で生育しているものと同種の樹木苗木を用いて、酸性・酸化性物質の暴露実験等を予備的に実施し、植物の感受性について検討する。温度・湿度の設定については、現地の環境条件に留意する。
 (4)オゾンや二酸化硫黄などの大気汚染ガスに対する植物の感受性について、ガス暴露用環境制御室を用いて検討する。
 (5)人工酸性雨やそれによる土壌酸性化に対する植物の感受性について、環境制御室等を用いて検討する。
3)東アジアにおける酸性・酸化性物質の陸域生態系への影響評価に関する検討会
 研究者を中心とした検討会を設置し、モンゴルにおける文献・情報を収集整理する。また現地調査や暴露実験の結果について検討する。さらに、東アジアにおける植生影響評価手法やモニタリング手法の確立を目指した検討を行う。

備考

酸性雨センターがネットワークセンターである、東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の活動と連携。

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait