ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

自動車車種選択に関する計量経済モデルの構築と環境税導入が車種選択および環境負荷に及ぼす影響の分析 (平成 13年度)
Study on the Choice of the Vehicle and the Air Pollution

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0101AF021
開始/終了年度
2001~2001年
キーワード(日本語)
車種選択, 環境税, ディーゼル車, ガソリン車, NOx削減
キーワード(英語)
CHOICE OF THE VEHICLE, ENVIRONMENTAL TAX, DIESEL CAR, GASOLINE CAR, NOX REDUCTION

研究概要

大都市における大気環境改善のために、電気自動車の普及や環境低負荷型車の導入は重要な政策課題である。本研究の目的は、計量経済モデルを構築し、乗用車に関する車種選択行動を分析することにより、税制の変更(自動車税、自動車重量税、自動車燃料税)や環境税の導入が、新車(乗用車)車種選択の変化に及ぼす効果、および、車種選択変化を通して生じる、汚染物質の排出量削減効果を分析することにある。

全体計画

13年度において、モデル構築のためのデータベースの構築、計量経済モデルの構築、モデルを用いた政策シミュレーションを実施する。

今年度の研究概要

本研究の内容は以下のとおりである。
(1) データ(車の属性、新車価格、中古車価格、走行距離、燃費などのデータ)収集加工およびデータベースの構 築(計量経済モデルのパラメータ推計のため)
(2) 理論モデルの構築(ロジットモデルを自動車車種選択問題に応用し、理論モデルを構築)
(3) 理論に基づき構築した計量経済モデルのパラメータの推計
(4) 構築した計量経済モデルを用いた政策シミュレーション分析(環境負荷に応じた環境税導入や自動車税制改革 が車種選択や汚染物質排出量(NOx)に及ぼす効果の分析)

課題代表者

日引 聡

  • 社会環境システム研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 経済学
portrait