ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

粒子状物質が呼吸器に及ぼす影響 (平成 13年度)
Effects of particulate substances on the respiratory system

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0005AE245
開始/終了年度
2000~2005年
キーワード(日本語)
呼吸器, 炎症指標, 遺伝子発現, 肺胞マクロファージ
キーワード(英語)
RESPIRATORY SYSTEM, INFLAMMATORY INDICATOR, GENE EXPRESSION, ALVEOLAR MACROPHAGE

研究概要

微小粒子状物質は肺の深部に沈着し、様々な呼吸器系細胞に影響を及ぼす。本研究では、肺胞腔内に沈着した粒子状物質を貧食していると考えられている肺胞マクロファージや、肺の炎症時に肺胞腔内に浸潤してくる好中球の細胞機能の変化、上皮細胞や内皮細胞における炎症に関連する遺伝子の発現に関する研究を行い、大気汚染物質の呼吸器に及ぼす健康影響評価を行うための指標を開発することを目的とする。

全体計画

13年度 肺胞上皮細胞を用いて重金属に暴露した肺において発現する遺伝子のシーケンスを行う。
14年度 ラジオアイソトープを用いたプローブを作成し、重金属に反応して上昇する遺伝子発現量を定量化する。
15年度 肺胞上皮細胞を用いてPM2.5に暴露した肺において発現する遺伝子のシーケンスを行う。
16年度 ラジオアイソトープを用いたプローブを作成し、PM2.5に反応して上昇する遺伝子発現量を定量化する。
17年度 遺伝子発現に関する実験結果をもとにして、呼吸器系生体影響の評価する上に於いて重要な遺伝子指標を決定する。

今年度の研究概要

肺胞上皮細胞において、重金属に反応して発現が上昇した遺伝子の同定を行う。 さらに、ノーザンハイブリダイゼーション法を用いて、重金属暴露の指標となる遺伝子発現の定量化に関する予備的実験を行う。

課題代表者

平野 靖史郎

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 医学博士
  • 医学,生化学,化学
portrait

担当者

  • 崔 星