ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東アジアの流域圏における生態系機能のモデル化と持続可能な環境管理プロジェクト
(4)沿岸域環境総合管理に関する研究 (平成 13年度)
Research project on integrated environmental management aided by modelling of eco-system functions through the basin in East Asia
(4) Studies on the environmental management in coastal zones

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0005AA272
開始/終了年度
2000~2005年
キーワード(日本語)
沿岸, 海域生態系, 修復技術, 環境影響評価, 底生生物
キーワード(英語)
COASTAL ZONE, MARINE ECOSYSTEM, RESTORATION, ENVIRONMENTAL IMPACT ASSESSMENT, BENTHIC ANIMALS

研究概要

沿岸域は、原油・汚染・汚濁物質等による沿岸生態系への被害や、埋め立て・護岸工事等による環境の破壊など、人間活動の影響を大きく受けてきた。汚染や開発による環境影響を軽減し、さらに沿岸域環境を改善するための修復方策の効果を検討するために、沿岸域環境の変動予測モデルを開発し、環境影響評価法等との関連から、沿岸域環境管理のための手法を整備する。

全体計画

13年度:自然・修復生態系において、一次生産を基点とした、炭素・窒素・酸素等の物質循環を調査し、速度論的に解析する。
14年度:調査結果を基にした、沿岸域生態系の機能を評価する評価軸を設定し、これに基づく影響評価手法を検討する。
15年度:浮遊・底生生態系の相互関係を明らかにするための現場調査を行なう。干潟造成、藻場造成等の沿岸域生態系の修復技術を現場実証試験などで検討する。
16年度:沿岸域開発による、浮遊・底生生態系への影響の数理モデル化に必要な、個々のの要素パラメータを取得するための調査を行なう。
17年度:生態系変動予測モデルを構築し、影響評価手法と合わせて、過去に行なわれた沿岸開発の事例につき検証する。

今年度の研究概要

自然に近い状態の海岸と修復技術が適用された海岸において、底生生物の存在量を調査し、また、現場実験によって、それぞれの場における増殖速度を調査する。実験系で、個体あたりの窒素等の物質循環を測定し、調査で得られた底生生物の存在量と合わせて考察し、現場における物質循環を推定する。
 現場にて酸素の交換速度を測定するために開発された装置を用いて、現場における一次生産を基点とした、炭素、酸素等の物質循環を調査する。

課題代表者

木幡 邦男

担当者