ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌攪乱化学物質等の有害化学物質の簡易・迅速・自動分析技術に関する研究 (平成 13年度)
Studies on Easy, Rapid and Automatic Analyzing Techniques for Endocrine Disrupting Chemicals

予算区分
BC 環境-公害一括
研究課題コード
0003BC242
開始/終了年度
2000~2003年
キーワード(日本語)
ダイオキシン類, ポリ塩化ビフェニール(PCB), 免疫測定法, 前処理
キーワード(英語)
DIOXINS, PCBS, IMMUNOASSAY, PRETREATMENT

研究概要

ダイオキシン類やPCBなどの内分泌攪乱性有害化学物質の簡易・迅速分析技術として、免疫測定法の適用可能性を検討し、最適な試験系の提案を行う。

全体計画

12年度 都市ごみ焼却施設からのばいじん中のダイオキシン類を対象とした高速溶媒抽出法と簡易クリーンアップ法を組み合わせた前処理法を開発する。廃油中のPCBを免疫測定するための前処理系として、薄層クロマトグラフを応用した簡易クリーンアップ法の基礎的実験を行う。
13年度 ダイオキシン類に対する免役測定法を開発するために、モノクローナル抗体を作成し、交差反応性や感度、共存物質の干渉影響などを評価する。PCBの固定化担体について検討し、最適な固定化法を検討する。前処理法について、対象試料の範囲を土壌や食品等に広げるための種々の検討を行う。
14年度 ダイオキシン類とPCBについて、各種対象試料ごとの前処理と免疫測定系のプロトタイプキットを製作し、各種の試料の測定データの集積と機器分析値との相関等を検討することによって、適用可能性を評価する。
15年度 抗体と試料をフロー接触系で自動・連続測定するための装置を試作し、基礎的な実験的検討を行い、応用可能性を検討する。

今年度の研究概要

ダイオキシン類に対する免役測定法を開発するために、2,3,7,8-TCDDに選択的な感度を有するモノクローナル抗体を作成し、交差反応性や感度、共存物質の干渉影響などを評価する。PCBの固定化担体について検討し、最適な固定化法を検討する。前処理法について、対象試料の範囲を土壌や食品等に広げるために、高速溶媒抽出/多層シリカゲルカラムをベースとした前処理法の最適条件検索を種々の試料で検討する。

課題代表者

大迫 政浩

  • 資源循環・廃棄物研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 工学
portrait