ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

植物の環境応答と形態形成の相互調節ネットワークに関する研究
(1)植物の環境応答ネットワークと遺伝子発現制御に関する研究
(2)環境ストレス応答と耐性獲得の分子機構
(3)大気汚染ガス(特にオゾン)耐性獲得機構 (平成 13年度)
Studies on co-regulational networks between responses to environment and morphogeneses in plants
1. Studies on networks of responses to environment in plants
(2) Molecular mechanism of response and tolerance to environmental stress
(5) Mechanism of acquisition of resistance to gaseous air pollutants
(especially ozone)

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
0002CB139
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
遺伝子, エチレン, オゾン, 活性酸素, 植物, 大気汚染, 突然変異体
キーワード(英語)
GENE, ETHYLENE, OZONE, ACTIVE OXYGEN, PLANT, AIR POLLUTION, MUTANT

研究概要

植物の大気汚染ガスに対する反応及びそれに基づく耐性獲得機構を解明し、大気の浄化や汚染物質のモニタリングに植物を有効に活用していくための重要な情報を得る。

全体計画

13年度 タバコからオゾン誘導性アミノシクロプロパンカルボン酸合成酵素(ACS)のcDNA,ゲノムDNAを単離し、シロイヌナズナのオゾン感受性変異体の遺伝学的、生理学的解析を行う。
14年度 単離したオゾン誘導性ACS遺伝子の構造と発現を解析する。また、シロイヌナズナのオゾン感受性変異体より、原因遺伝子を単離する。

今年度の研究概要

1.オゾン誘導性ACSの遺伝子(cDNA,ゲノムDNA)を、エチレン発生量の違いによりオゾン感受性が異なると考えられている2品種のタバコから単離し、その発現や構造を比較する。
2.異なるオゾン感受性を示すシロイヌナズナの変異系統について、遺伝学的解析により、優・劣性、遺伝子座等を明らかにする。
3.単離したシロイヌナズナの変異系統のなかから、DNAマイクロアレイを用いた解析等により、大気汚染ガス耐性に関与するシグナル伝達系変異体を探索する。

課題代表者

佐治 光

  • 生物・生態系環境研究センター
    佐治上級主席研究員室
  • 上級主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 生物学,農学
portrait

担当者