ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

規制項目等有害元素による地下水高濃度汚染実態解明と修復技術に関する研究 (平成 13年度)
Study on the pollution mechanism of harmful ions in the ground water and development of the improvement technology

予算区分
BC 環境-公害一括
研究課題コード
0002BC050
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
地下水汚染, 硝酸, 有害金属
キーワード(英語)
GROUND WATER POLLUTION, NITRIC ION, HARMFUL IONS

研究概要

硝酸態窒素による地下水が顕在化している静岡県、岐阜県、福岡県において、その汚染実態や二次汚染の有無を把握し、地下環境の修復技術の開発を主な目的としている。地下水中に含まれる硝酸態窒素濃度は10mg/lが規制値と定められているのだが、主に丘陵型農耕地域を中心として規制値を超える地下水汚染現場が点在していることが明らかになってきた。最近では、それら地域において硝酸汚染のみならずアルミニウム、ホウ素、ニッケル等重金属類汚染も顕在化していることが判明し、その汚染機構を明らかにすることが急務と成っている。本研究プロジェクトでは、各県の汚染実態を詳細に把握し、その汚染機構を明らかにすると共に、地域特性にあった地下環境修復技術の開発も視野に入れ、厚生省国立公衆衛生院および農水省野菜茶業研究所と連携し、各県の研究機関の参画をいただいて実施するものである。

全体計画

地下水高濃度汚染地域の水質基礎量データの収集、地質データの収集を引き続き行い、汚染実態解明のための因子解析項目の項目別重みについてまとめる。また、開発した同位体比分析手法および不安定成分のオンサイト分析手法を用い、実試料の分析を行う。

今年度の研究概要

高濃度硝酸による地下水汚染の原因を明らかにするとともに、それによって生じている重金属汚染の広域分布調査の継続とその結果を基にした物質収支の把握を目指す。

備考

[共同国立研究機関]
厚生省国立衛生院
農水省独立行政法人農業技術研究機構
[共同地方研究機関]
静岡県環境衛生科学研究所西部支所
岐阜県保健環境研究所
福岡県保健環境研究所

課題代表者

西川 雅高

担当者

  • 中杉 修身