ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

E-2 森林火災による自然資源への影響とその回復の評価に関する研究
(1) リモートセンシングデータなどによる森林火災の影響と回復過程の解析と総合化
(3) 森林火災の影響評価のための指標策定 (平成 13年度)
E-2 Studies on the impacts of forest fires on natural resources and on the evaluation of restoration of ecosystems

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0002BA002
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
インドネシア, 影響/回復評価, 森林火災, 生態系, 生物指標, 生物多様性, リモートセンシング
キーワード(英語)
BIODIVERSITY, BIOLOGICAL INDICATORS, ECOSYSTEM, EVALUATION OF IMPACT AND RESTORATION, FOREST FIRE, INDONESIA, REMOTE SENSING

研究概要

熱帯地域、特にインドネシアでは、焼き畑などに起因する森林火災が、森林のバイオマス・物質生産性ばかりでなく、森林に生息する多くの生物の種や個体数、遺伝的多様性などに多大な影響を及ぼしている。1997年にはエルニーニョの影響によると思われる記録的な異常乾季と、過去最大規模の森林火災が発生したが、基準となる火災前および回復期の生物種データなどが未整備であるため、生態系・生物多様性への影響評価が不可能であり、森林管理に重大な支障をきたしている。そこで、森林火災が森林生態系・生物多様性に及ぼす影響を評価するための具体的な指標を早急に策定し、生物多様性的観点からも健全性の高い森林を再生するために具体的指針を提示することが求められている。
 本研究では、(1)森林火災の全体的な影響をレビューするとともに、衛星データなどによる影響地域の把握と経時変化の基盤的情報を整備し、(2)森林火災および非火災地域の生態系や生物多様性調査から、火災被害の影響と回復過程における熱帯林生態系の構成樹種や森林依存性の高い代表的分類群の種数・個体数の変動と生息域の変化を明らかにし、(3)森林火災に敏感で、その影響と回復を評価するための指標となり得、またモニタリングが容易な生物種や現象、その計測手法などを提案し、また、(4)生態系や生物多様性の観点から、火災被害森林の有効な回復方策などを提案する事を目的とする。さらに、(5)先駆的リモートセンシングによる計測情報との相関性を検討することにより、リモートセンシングによる生態系や生物多様性評価の可視化を可能にし、その精度の検証や客観性の向上を促進する。

全体計画

13年度 (1)文献等の情報および衛星データによって影響地域の把握とその影響や回復程度に関する基盤情報を整備し、(2)航空機SARや先駆的(超高分解能/ハイパースペクトル)センサを用いた森林構造や機能評価手法による森林火災影響への適用を検討する。(3)設定した調査地域の微環境、構成樹種、代表的分類群に関する、雨期・乾期の比較を含めた継続的野外調査を実施・解析すると共に、(4)火災後、植林など復旧作業を行った地域に関する文献等の情報収集を行い、その解析を行う。さらに、(5)影響評価のための生物指標に関する検討を行い、指標生物種の抽出等のための解析を行う。
14年度 (1)森林生態系や生物多様性に関する野外調査を継続し、データの経時変化や相互関係などを解析し、森林火災の影響と回復に関してとりまとめると共に、(2)森林火災に敏感で、その影響と回復を客観的に評価するための指標となり得、またモニタリングが容易な生物種や現象、その計測手法などを提示する。また、(3)火災後、植林など復旧作業を行った地域に関する文献等の情報を整理・解析し、本調査との比較検討を行い、生態系や生物多様性の観点から、火災被害森林の有効な回復方策などを検討する。さらに、(4)既存の衛星リモートセンシングデータと、航空機SARや先駆的(超高分解能/ハイパースペクトル)センサによる森林構造や機能評価、および野外の実態調査結果との関係を解析し、(5)リモートセンシングによる生態系や生物多様性評価を可視化し、その精度の検証、客観性の向上を促進する。

今年度の研究概要

1)文献等の情報および衛星データによって影響地域の把握とその影響や回復程度に関する基盤情報を整備する。
2)航空機SARや先駆的(超高分解能/ハイパースペクトル)センサを用いた森林構造や機能評価手法の森林火災影響評価への適用を検討する。
3)設定した調査地域の微環境、構成樹種、代表的分類群に関する、雨期・乾期の比較を含めた継続的野外調査を実施・解析する。
4)火災後、植林など復旧作業を行った地域に関する文献等の情報収集を行い、その解析を行う。
5)影響評価のための生物指標に関する検討を行い、指標生物種の抽出等を実施する。

備考

 インドネシア科学研究院と国立環境研究所で、共同研究のための覚え書き(MOU)を取り交わした上で実施。本年度より、代表者は森林総合研究所の阿部恭久博士。

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait

担当者

  • 渡邉 信