ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-54 アジア太平洋地域統合モデル(AIM)を基礎とした気候・経済発展統合政策の評価手法に関する途上国等共同研究 (平成 13年度)
B-54 Special collaborative studies for the assessment of integrated sustainable development policies to mitigate climate change based on AIM (Asia-Pacific Integrated Model)

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0002BA035
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
地球温暖化, モデル分析, アジア太平洋地域, 持続的発展, 政策評価
キーワード(英語)
CLIMATE CHANGE, MODEL ANALYSIS, ASIA PACIFIC, SUSTAINABLE DEVELOPMENT, POLICY ANALYSIS

研究概要

地球温暖化対策は1997年の京都会議を契機に大きな進展が図られようとしているが、気候変動枠組条約の目標である気候安定化を達成するには、先進国のみならず発展途上国を含めて、今後一世紀にわたって温室効果ガスの一層の削減対策が求められている。特に、アジア地域の発展途上国は、高い経済成長のポテンシャルとともに公害などの深刻な国内問題を抱えており、気候政策だけでなく、気候政策と地域環境政策等の国内政策、あるいは気候政策と経済政策を同時に有機的に実施していくことが不可欠である。このような政策ニーズに対応するために、新たな政策評価の枠組みと方法論を開発し、これらを発展途上国に移転することを目的とする。

全体計画

12年度 アジア地域における二酸化炭素削減のためのエネルギー対策や水資源適応対策を中心とした統合政策の評価と国際比較
13年度 アジア地域におけるリサイクル、農業適応対策を中心とした統合政策の評価と国際比較
14年度 アジア地域における温暖化対策・経済発展政策の統合政策の評価と国際比較

今年度の研究概要

リサイクルや農業適応対策がアジア地域のローカルな環境に与える影響をモデルを用いて分析し、温暖化対策の組み合わせによるコスト削減の方策について検討する。また、AIM/中国モデルに大気汚染等の中国の地域環境を評価するモジュールを追加し、CDMによる国内環境問題への波及効果を明らかにする。さらに、IIASAと共同で、エネルギー供給技術を中心とした技術モデルを用いて、地球レベルの政策統合シナリオのベースラインを作成するとともに、モデル比較プロジェクトを通じて、影響シナリオや、先進国間の国際協力を通じた対策シナリオを作成する。

課題代表者

甲斐沼 美紀子

担当者

  • 森田 恒幸
  • 増井 利彦社会環境システム研究センター
  • portrait
    藤野 純一社会環境システム研究センター
  • 原澤 英夫
  • portrait
    高橋 潔社会環境システム研究センター
  • portrait
    肱岡 靖明社会環境システム研究センター