ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境データの統計解析法に関する研究 (平成 13年度)
Statistical analysis of environmental data

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0002AE224
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
統計, データ解析, 環境データ
キーワード(英語)
STATISTICAL METHODS, DATA ANALYSIS, ENVIRONMENTAL DATA

研究概要

環境データから有効に情報を引き出すための統計的方法を開発し、データ取得計画とデータ解析に適用することを目的とする。

全体計画

12年度:1)確率場の方法を検討する。2)時系列データを各種変動成分(傾向、季節、偶然)に分ける方法を検討する。3)大気汚染データの分布において極値の出現確率と期待値の関連統計理論面から整理する。
13年度:1)酸性雨測定結果の空間変動特性を解析する。2)都市の大気汚染データの空間時間変動特性を解析する。3)極値の出現確率と期待値の理論を開発する。
14年度:1)大陸からの大気汚染物質の輸送との関連で酸性雨データを整理する。2)都市の大気汚染データの空間時間変動特性をまとめる。3)極値の出現確率と期待値の理論面をまとめる。

今年度の研究概要

1)酸性雨測定結果の空間変動特性の解析を進め、大陸からの輸送の解析のための準備をする。
2)過去におこなわれた都市大気汚染の調査データや常時監視データをもとに空間時間変動特性を解析する。
3)極値の出現確率と期待値の理論を開発する。

課題代表者

松本 幸雄