ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

成層圏力学過程とオゾンの変動およびその気候への影響
B01 高分解能大気大循環化学モデルの開発と成層圏物質循環の研究 (平成 13年度)
Development of a high resolution chemical GCM and study on transport in the stratosphere.

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
9902CD161
開始/終了年度
1999~2002年
キーワード(日本語)
高空間分解能化学モデル, 成層圏オゾン, 成層圏−対流圏間物質輸送
キーワード(英語)
STRATOSPHERIC OZONE, LONG-TERM VARIATIONS, PHOTOCHEMICAL MODEL, FUTURE ATMOSPHERE, STRATOSPHERE-TROPOSPHERE EXCHANGE

研究概要

3次元高空間分解能の化学輸送モデルと化学大循環モデルを開発し、成層圏オゾン変動、成層圏と対流圏を含む大気圏での物質輸送を理解する。

全体計画

11年度 硫酸エアロゾルの生成消滅・輸送と気候への影響。
12年度 臭素系物質がオゾン破壊に及ぼす影響。
13年度 極域オゾン破壊の中緯度への影響。
14年度 成層圏−対流圏物質輸送。

今年度の研究概要

化学モデル:詳細な極成層圏雲上での不均一反応過程を含んだ化学−輸送モデルを用いて、南北両極域のオゾン破壊が中低緯度地方のオゾン量へ及ぼす影響について調べる。極成層圏雲の生成を意図的に禁じた化学輸送モデルによる計算結果との比較により、極成層圏雲のオゾン破壊への影響をグローバルに算出する。また、その影響の地域性について考察する。
高分解能モデル:赤道や中高緯度における成層圏−対流圏間のオゾンをはじめとする大気微量成分の物質輸送のメカニズム解明を行う。

備考

[研究代表者]
東京大学気候システム研究センター 高橋正明

課題代表者

秋吉 英治

  • 地球環境研究センター
    気候モデリング・解析研究室
  • 室長
  • 博士 (理学)
  • 物理学,地学,コンピュータ科学
portrait