ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

人工衛星の利用と現地植生調査による日韓中の環境測定と検討 (平成 13年度)
Studies on the environmental monitoring by remote sensing and vegetation investigation in East Asia

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
9901CD214
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
東アジア地域, 植生, リモートセンシング, スペクトル
キーワード(英語)
EAST ASIA, VEGETATION, REMOTE SENSING, SPECTRUM

研究概要

森林は、地球上の生物の生存環境を保つ上で重要な役割を演じている。最近、東アジアでは、森林が人為的や環境変化などの理由により年々減少していると言われているが、その定量的な解析は十分に行われていない。本研究では、東アジア地域における植生について、現地調査ならびに人工衛星によるリモートセンシングを行うことにより、リモートセンシングのグラウンド・トルース (Ground truth) を確立し、日中韓それぞれ特定地域の植生分布ごとのスペクトル特性と環境との関係を明らかにすることを目的とする。

全体計画

平成13年度では,日中韓それぞれ特定地域における植生分布ごとのスペクトル特性と環境との関係を明らかにする。

今年度の研究概要

環境問題は、一国や限定された地域だけの問題にとどまらず、全地球的課題と考えられるため、東アジアの研究者が共同で、現地調査と討論を行い、将来に向けての対策の提言を行うことが必要である。平成13年度では、平成11、12年度の結果を踏まえて、次の研究を行う。1)日本、中国および韓国のそれぞれの特定地域における植生について、人工衛星によるリモートセンシングならびに現地調査を行う。2)日中韓それぞれ特定地域の植生分布ごとのスペクトル特性と環境との関係について検討する。3)地上の観測データと衛星データとの対応を検討する。

備考

代表 村本健一郎(金沢大学・工学部), 平井英二, 藤田政之(金沢大学・工学部), 劉紀遠(中国科学院地理科学与資源研究所), 李茎成(韓国仁荷大学校・地理情報工学科)
「外国共同研究機関」中国科学院地理科学与資源研究所、韓国仁荷大学校・地理情報工学科

課題代表者

徐 開欽

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際廃棄物管理技術研究室
  • 主席研究員
  • 工学博士
  • 土木工学,地学,生物工学
portrait