ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生活環境中電磁界による小児の健康リスクに関する研究
(1) 小児がんの症例・対照研究
(2) 小児脳腫瘍調査 (平成 13年度)
A study on the health risk of environmental EMFs among children
(1) A case-control study on childhood cancer
(2) A survey on brain tumors among children

予算区分
CB 文科-振興調整
研究課題コード
9901CB009
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
電磁界, 小児白血病と脳腫瘍, 疫学調査
キーワード(英語)
ELECTROMAGNETIC FIELDS, CHILDHOOD LEUKEMIA AND BRAIN TUMOR, EPIDEMIOLOGY

研究概要

本研究は、国際的に社会的関心が寄せられている生活環境中、とくに高圧送電線周辺における小児がんの増加傾向について詳細な検討を加えるための全国規模の症例対照研究を行うことを目的として、平成11年度から、兜 真徳を代表として開始された。

全体計画

13年度 すでに全国の新規発症例100名以上への調査協力依頼を済ませており、その半数について協力承諾が得られている。症例登録数は徐々に増加しているため、さらに協力依頼を増加させ、承諾を得られた症例とそれらの対照者についての調査を、年度末まで継続する。

今年度の研究概要

すでに全国の新規発症例100名以上への調査協力依頼を済ませており、その半数について協力承諾が得られている。症例登録数は徐々に増加しているため、さらに協力依頼を増加させ、承諾を得られた症例とそれらの対照者についての調査を、年度末まで継続する。

備考

【共同研究者】山口直人(国立がんセンター研究所)
中村好一(自治医科大学)
鏡森定信(富山医科薬科大学)
そうけ島茂(京都大学大学院医学研究科)
烏帽子田彰(広島大学)
溝上哲也(産業医科大学)
斉藤友博(国立小児病院)
久保長生(東京女子医大)
秋葉澄伯(鹿児島大学)
伊坂勝生(徳島大学)
【外国共同研究機関】国際保健機構(WHO)

課題代表者

兜 眞徳

担当者