ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

H-5 地球環境リスク管理にかかるコミュニケーションと対策決定過程に関する研究
(1)気候変動のリスク・コミュニケーションと対策決定過程(平成 13年度)
H-5 Studies on Communication and Countermeasure-Making Process concerning the Risk Management of the Global Environment

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA223
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
リスク, 気候変動, 環境安全保障, 科学論, リスク・コミュニケーション, 決定過程
キーワード(英語)
RISK, CLIMATE CHANGE, ENVIRONMENTAL SECURITY, SCIENCE STUDIES, RISK COMMUNICATION, DECISION PROCESS

研究概要

国家安全保障の一環としての環境安全保障を達成する必要性の認識が広まりつつあるが、気候変動問題に見るように、その戦略の確立が急務であり、また、気候変動現象の不確実性と国家利害の対立のもとで、国際交渉の帰趨への展望が求められる。一方、アジアにおける経済発展による酸性雨問題の深刻化が憂慮されるが、国際的な協力により対策を講じるために、問題の推移の政治的、社会的、経済的な要因の構造を分析することが重要である。そうして、このような課題が科学的不確実性のもとでの決定となることが、本質的に問題の取り扱いを困難にしている。
気候変動問題に関して、環境安全保障概念に基づきわが国の取るべき立場を検討し交渉方針への提言へ道を開こうとする。さらに、気候変動現象の科学的知見の不確実性のもとでの合意形成、自治体あるいは地域社会での対応の論理と行動様式におけるコミュニケーションのあり方を、リスク管理パターン概念にもとづく分類や行動論理の社会史的方法により示そうとする。

全体計画

-

今年度の研究概要

1.気候変動による社会経済的なコストの評価を行い、わが国のとるべき戦略を検討する。
2.リスク管理パターン概念により自治体での気候変動問題への対応を分類する。
3.地域社会による風力発電の行動原理を社会史的に明らかにする。
4.政治性を帯びた科学知識下での合意形成過程を社会構成主義的に明らかにする。


課題代表者

松本 幸雄

担当者