ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

H-4 アジア地域における環境安全保障の評価手法の開発と適用に関する研究
(3)アジア地域における水需要将来予測と対策に関する研究
(4)アジア地域における都市大気汚染の将来予測と対策に関する研究
(5) アジア地域における環境安全保障の総合評価手法の開発と適用に関する研究 (平成 13年度)
H-4 Development and Application of Methodology to Assess the Environmental Security in the Asian Region

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA023
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
アジア地域, 環境安全保障, HDP
キーワード(英語)
ASIAN REGION, ENVIRONMENTAL SECURITY, HUMAN DIMENSION PORGRAM

研究概要

アジア地域においては,急速な人口増加や経済成長のために環境が破壊され劣化しつつあり,生活の基盤が脅かさればかりでなく,農業を圧迫しており,人口増加と相まって食糧危機が懸念されている。一方,農村からの人口流入による都市のスラム化などは経済発展の障害となるとともに,都市のエネルギー使用が増大するにつれ大気汚染などの被害も深刻なものとなっている。温暖化やエルニーニョなどの異常気象はさらに状況を悪化させることが懸念されている。本研究は,アジア地域において,持続可能な発展の基盤となる人口,食糧,水,環境の現状や相互関連性を把握した上で指標やモデルによる定量化を行う。これらを用いて2050年までの将来予測を行い, 人口の爆発的増加,急速な経済成長がもたらす食糧不足・水不足・環境悪化の可能性及びそれらを回避するための方策について環境安全保証の視点から評価する手法を開発し, 具体的な対応策について検討することを目標とする。

全体計画


11年度:アジア地域における水需給の関連データを収集し,水需給を組み入れたマクロな水資源評価モデルの検討、人口増加や経済発展がもたらす都市のエネルギー利用の増大による大気汚染に関する既存の知見を整理し,モデル化の基礎的検討を行う。
12年度:水資源評価モデルを構築し、人口分布の変化も考慮した人口・経済シナリオをもとに、将来の水不足の可能性について予測する。都市大気汚染予測については、影響を低減するための方策をエネルギー利用面から検討する。
13年度:平成11,12年度の研究成果を踏まえ,人口,食料,水,都市大気の現状把握,モデルによる予測を踏まえ,今後アジア地域の環境安全保障面からの対策等について提言する。

今年度の研究概要

平成11,12年度の研究成果を踏まえ,人口,食料,水,都市大気の現状把握,モデルによる予測を踏まえ,今後アジア地域の環境安全保障面からの対策等について提言する。水資源評価モデルを構築し、人口分布の変化も考慮した人口・経済シナリオをもとに、将来の水不足の可能性予測をもとに、水不足を回避するための諸対策について検討する。都市大気汚染予測については、影響を低減方策をエネルギー利用面から検討し、都市のリスクを低減するための方策を検討する。以上の成果をもとにアジア地域における環境安全保障を確保するための諸点についてまとめる。

課題代表者

原澤 英夫

担当者