ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

C-1 東アジア地域の大気汚染物質発生・沈着マトリックス作成と国際共同観測に関する研究 (平成 13年度)
C-1 Studies on the Development of Matrix for Air Pollutants Emission and Deposition and International Cooperative Field Survey in East Asia

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA104
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
酸性雨, 発生量マップ, 東アジア地域, 大気汚染物質発生・沈着マトリックス, 国際共同観測
キーワード(英語)
ACID RAIN, EMISSION MAP, EAST ASIA, MATRIX FOR AIR POLLUTANTS EMISSION AND DEPOSITION, INTERNATIONAL COOPERATIVE FIELD SURVEY

研究概要

アジア大陸から日本への越境大気汚染の定量化が研究目的である。そのためには大気汚染物質(硫黄酸化物、窒素酸化物、アンモニア、揮発性炭化水素)の発生量マップの作成が必須である。大気汚染物質の発生、輸送、変質、沈着モデルの開発と同時に、このモデルを1度×1度グリッド別の発生・沈着関係(EMEP型発生・沈着関係)にすることが、定量的に越境大気汚染を記述することになる。また中国国内、日本における大気汚染、酸性雨の実体把握と同時に、大気汚染物質の発生、輸送、変質、沈着モデル検証のための大気汚染物質の観測データを複数地点で取得する。

全体計画

-

今年度の研究概要

1. 中国の北京近郊の大気汚染地帯で航空機観測を行う。これまで行ってきた地上観測の結果とあわせて解析する。
2. 沖縄本島(辺戸岬大気化学研究ステーション)においてオゾンの長期観測を行う。また、越境汚染把握のために、福井県の越前岬、兵庫県豊岡市で冬季の短期観測を行うと同時に長崎市、宮崎県延岡市で大気汚染物質の観測を行う。
3. 硫黄酸化物、窒素酸化物、揮発性炭化水素、アンモニアの東アジア地域における発生源インベントリー作成を目的として、既存の統計データを整備すると同時に、東アジア地域での聞き取りによる現地調査を行うことにより、発生源インベントリーの精緻化を計る。東アジア地域の研究者を招聘しての国際ワークショップを開催する。
4. アジア大陸から日本への越境大気汚染の定量化のために、降水、雲物理過程を含む大気汚染物質の発生、輸送、変質、沈着モデルを東アジア地域において開発すると同時に、このモデルを1度×1度グリッド別の発生・沈着関係(EMEP型発生・沈着関係)にする。東アジア地域の研究者を招聘して発生源インベントリー、酸性雨モデルの国際ワークショップを開催する。

課題代表者

村野 健太郎

担当者