ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

IR-2 温室効果ガスインベントリーシステム構築の方法論に関する研究 (平成 13年度)
IR-2 Studies on methodology for establishing greenhouse gas inventory system

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
9901BA003
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
アジア太平洋地域, 温室効果ガスインベントリー, 気候変動に関する政府間パネル, 気候変動枠組条約, 情報ネットワーク, 排出係数データベース
キーワード(英語)
ASIA-PACIFIC REGION, DATABASE OF EMISSION FACTORS, GREENHOUSE GAS INVENTORY, INFORMATION NETWORK, IPCC, UNFCCC

研究概要

日本は今回IPCCのインベントリーTSUをIGESに誘致した。インベントリーはこれまでの国別報告書への利用といったやや暫定的な位置づけから、京都議定書に基づく約束の履行判定のベースにするといった国際条約に直接に関連する位置づけに変わり、これまでとは比べものにならないほど科学的精度に対する要求が高まっている。条約からの要請により、IPCCのテーマになる可能性もあり、国際的にも、日本の作業に対する厳しい評価がなされると思われるため、日本のTSUが行うインベントリー作成の方法論開発やデータベース構築作業を科学面から裏打ちするための研究者による支援体制の構築が不可欠である。また、このTSUを世界のインベントリーデータセンターとするための、情報ネットワーク・情報システムの構築が重要になってくる。そこで、本研究では、温室効果ガスインベントリーの精度の向上方法を検討すると同時に、世界のインベントリーデータセンターとして有用な情報ネットワーク・システム構築に関する支援研究を行う。

全体計画

13年度 これまでの検討結果を総合化し、温室効果ガスインベントリーシステムの改良案を提案する。また、これまでに収集したデータをもとに、アジア地域の排出係数データベース(一覧表)を整備し公開する。国際情報収集ネットワークに関して、ネットワークの更新と効率的な管理運営について検討する。さらに、これらを評価・検討するための国際ワークショップを開催する。
 アジア地域を対象にして、産業部門(農業を含む)、および、森林・土壌部門の温室効果ガスインベントリーのデータ収集と整理、精度(信頼性)管理・精度(信頼性)向上の方法を検討し提示する。
 アジア地域のメタンと亜酸化窒素の発生に関しては、必要に応じ、野外・室内実験を実施し、インベントリーシステムの最新化・最良化を諮る。

今年度の研究概要

1)これまでの検討結果を総合化し、温室効果ガスインベントリーシステムの改良案を提案する。また、これまでに収集したデータをもとに、アジア地域の排出係数データベース(一覧表)を整備し公開する。
2)国際情報収集ネットワークに関して、ネットワークの更新と効率的な管理運営について検討する。さらに、これらを評価・検討するための国際ワークショップを開催する。
3)アジア地域を対象にして、産業部門(農業を含む)、および、森林・土壌部門の温室効果ガスインベントリーのデータ収集と整理、精度(信頼性)管理・精度(信頼性)向上の方法を提示する。
4)アジア地域のメタンと亜酸化窒素の発生に関しては、必要に応じ、野外・室内実験を実施し、インベントリーシステムの最新化・最良化を諮る。

備考

 地球環境研究戦略機関(IGES)に誘致された、IPCCのインベントリーTSUの活動と連携。

課題代表者

井上 元

担当者