ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

レーザー長光路吸収による大気微量分子計測のための分光手法の研究 (平成 13年度)
Study on spectroscopic methods for laser long-path absorption measurement of atmospheric trace species

予算区分
AE 経常
研究課題コード
9901AE093
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
吸収分光, 大気微量分子, レーザー長光路吸収法, 赤外波長可変レーザー
キーワード(英語)
ABSORPTION SPECTROSCOPY, ATMOSPHERIC TRACE SPECIES, LASER LONG-PATH ABSORPTION METHOD, INFRARED TUNABLE LASER

研究概要

レーザー長光路吸収法は野外の大気微量分子の遠隔計測手法として原理的に高感度が期待される手法であるが、赤外域の良好な波長可変光源が応用上の問題点となっていた。近年、周期構造を持つ非線形光学素子や半導体レーザーの開発が目覚ましく、これらを用いたレーザー長光路吸収システムの新たな展開が期待されている。本研究では、これらの新しい赤外波長可変光源を用いて、その特性を有効に利用した分光計測手法を開発することを目的とする。

全体計画

13年度 野外レーザー長光路吸収による二酸化炭素等の計測システムの可能性を検討する。

今年度の研究概要

野外の大気中の微量成分の測定を目的とする長光路差分吸収について、準位相整合非線形光学素子によるパラメトリック発振器を光源とするシステムを検討し、その性能の理論的評価および応用の可能性を明らかにする。

課題代表者

杉本 伸夫

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 理学 ,物理学,工学
portrait