ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

同位体比測定を用いた対流圏温暖化気体の動態解明に関する基礎研究 (平成 13年度)
Studies on behavior of greenhouse gases in the troposphere using isotope measurements

予算区分
AE 経常
研究課題コード
9901AE101
開始/終了年度
1999~2001年
キーワード(日本語)
温暖化気体, 二酸化炭素, メタン, 同位体
キーワード(英語)
GREENHOUSE GASES, CARBON DIOXIDE, METHANE, ISOTOPE

研究概要

近年、二酸化炭素やメタンなどの温暖化気体成分の大気中での濃度上昇の速度が一定ではないことが分かってきた。この濃度上昇速度の異常がどのような原因によって引き起こされているのかが議論されている。大気中の温暖化気体の濃度とともにその同位体比を観測することによって、濃度上昇速度の異常の原因を明らかにするための基礎研究を行う。

全体計画

13年度 大気試料の二酸化炭素中の酸素の安定同位体比を高精度に測定する手法および試料の採取・保存方法の開発を行うとともに、微量の大気試料から二酸化炭素中に含まれる炭素の安定同位体比を高精度で測定する手法の開発を行う。また少量の大気試料からメタンの炭素安定同位体比を高精度で測定する手法の開発を行う。

今年度の研究概要

大規模な森林内で高頻度の大気試料のサンプリングを行い、温暖化気体の同位体比の測定を行う。また、土壌や植物体などから放出される温暖化気体を直接捕集するための採取手法の開発を行う。

課題代表者

高橋 善幸

  • 地球環境研究センター
    陸域モニタリング推進室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 化学,地学,生物学
portrait