ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

植物エストロジェンおよび内分泌攪乱化学物質の骨代謝バランスに関する研究 (平成 13年度)
Effects of phytoestrogens and endocrine disruptors on the bone metabolism.

予算区分
KB JST
研究課題コード
9802KB246
開始/終了年度
1998~2002年
キーワード(日本語)
植物エストロジェン, 内分泌攪乱化学物質, 骨代謝, 骨芽細胞, 破骨細胞
キーワード(英語)
PHYTOESTROGEN, ENDOCRINE DISRUPTOR, BONE METABOLISM, OSTEOBLAST, SIGNAL TRANSDUCTION

研究概要

現代文明社会を支えている人工の化学物質の中には、生物の内分泌系を撹乱することにより生殖、内分泌、免疫、神経系に重大な悪影響を与える化学物質があることが明らかとなってきた。哺乳類以外の野生生物では、因果関係が明らかな例がいくつか報告されているが、人では内分泌撹乱化学物質の健康影響は明らかになっていない。内分泌撹乱化学物質の人の健康および生態系へのリスク評価を行うことは現時点の急務である。本研究では、内分泌撹乱化学物質の影響評価に、影響を与える植物エストロジェン(phytoestrogen) と人工の内分泌撹乱物質との相互作用をin vitro、in vivo の系を用いて評価することを目的とする。

全体計画

13年度 ST2,G2などの骨芽細胞を植物エストロジェンとともに培養して、RNAを抽出した後、ODF,OCIF発現量をRT-PCRで調べる。
14年度 生体内における骨形成と骨代謝のバランスに、植物エストロジェンがどのような作用を及ぼしうるかに関して、培養細胞における遺伝子発現量の変化から推定する。

今年度の研究概要

骨芽細胞において、植物エストロジェンに反応して発現量が変化する遺伝子の半定量的解析を試みる。 本年度は、オステオクラスト分化因子、ならびにオステオクラスト阻害因子の遺伝子発現量を、RT-PCR法を用いて半定量化する。

備考

課題代表者:香山不二雄(自治医科大学教授)大課題:植物由来および人工の内分泌撹乱物質の相互作用評価

課題代表者

平野 靖史郎

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 医学博士
  • 医学,生化学,化学
portrait

担当者

  • 崔 星