ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東アジア域の地域気象と物質循環モデリングの総合化 (平成 13年度)
Integration of regional meteorological modeling and chemical transport modeling over east Asia

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
9801KZ084
開始/終了年度
1998~2001年
キーワード(日本語)
地域気象モデル, 対流圏物質輸送モデル, 酸性雨, 化学天気図
キーワード(英語)
REGIONAL METEOROLOGICAL MODEL, TROPOSPHERIC CHEMICAL TRANSPORT MODEL, ACID RAIN, CHEMICAL WEATHER MAP

研究概要

東アジア地域の大気環境予測は、土地利用の改変や植生変化に伴う地域気候変化の他に、中国等の発展途上国の急速な経済発展による汚染物質排出量の増大に伴う越境大気汚染(酸性雨)の影響の重要性が指摘されている。そのため、我が国を含めた地域の詳細な大気環境予測・評価のための研究開発が必要であり、大気中微量成分の空間分布・時間変化を示す「化学天気予報図」等を作成することが重要である。本研究では地域気候・気象モデルによる東アジア域の気候・気象変動解析と対流圏物質輸送モデリングを高速ネットワークを用いて複数の機関が密接にデータ交換しつつ並列に進め、その結果をもとに「化学天気予報図」の作成と可視化を行うことを目的とする。

全体計画

13年度 地域気象モデルから物質輸送モデルへのデータインターフェースの汎用性を高め、地域気象モデルの長期積分結果を利用可能にする。また、物質輸送モデルから得られる化学物質分布の情報を気象モデルの放射過程にフィードバックするモデル化を行う。

今年度の研究概要

地域気象モデルから得られる微気象データを物質輸送モデルで用いるためのデータインターフェースは、現在のところ気象モデルの旧バージョンに対応しているため、並列計算により長期積分の可能になった最新の気象モデルの結果を用いることができない。そこで、インターフェースの汎用化を行い、気象モデルの長期積分結果の物質輸送モデルへの適用を試みる。また、別途開発された、気象モデルと結合された物質輸送モデルにおいて、放射などの過程を高度化することにより、物質輸送モデルから得られる化学物質分布の情報を気象モデルの放射過程にフィードバックするモデル化を行う。

備考

研究代表者 九州大学応用力学研究所 鵜野伊津志教授

課題代表者

江守 正多

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 室長
  • 博士(学術)
  • 理学 ,地学
portrait

担当者