ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生態工学を導入した汚濁湖沼水域の水環境修復技術の開発とシステム導入による改善効果の総合評価に関する研究 (平成 13年度)
Development and evaluation of water restoration technology for polluted lakes using ecological engineering and advanced treatment systems

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
9702KZ236
開始/終了年度
1997~2002年
キーワード(日本語)
高機能有用生物, 水環境修復技術, 栄養塩除去, 評価技術, バイオ・エコエンジニアリング, 微生物製剤, 省エネルギー, リサイクルシステム
キーワード(英語)
SPECIFIC ORGANISMS, WATER RESTORATION TECHNOLOGY, NUTRIENT REMOVAL, EVALUATION OF TECHNOLOGY, BIOLOGICAL AND ECOLOGICAL ENGINEERING, DRY POWDERED, MICROORGANISMS, SAVING ENERGY, RECYCLING SYSTEM

研究概要

霞ヶ浦をはじめとする汚濁が累進的に加速している湖沼環境の修復を図る上では、従来のBOD除去から窒素・リン除去への抜本的な対策の変換が必須である。この場合、省エネルギー、省コストで資源を地域内で自己完結化でき、かつ高度・効率的で環境に優しい技術の構築を目指すことが必要不可欠であるが、開発においては環境基本法の理念である環境負荷の少ない持続可能な社会の創造を念頭に置いて実行することが重要である。それ故、本研究においては生態工学を導入した水環境修復に関わる生態系保全、環境基準の達成を前提とした技術の確立を図る上で、発生源対策、直接浄化対策の処理技術の高度化、処理システム導入の効果、生態系への影響について解析評価を行うと同時に、それを支援するマルチビジョンによるシステム化を図ることを目的とする。

全体計画

9年度 有用生物を導入した底質改善・リサイクル化技術の開発を行う。
10年度 生態系への影響の評価を行うための模擬環境マイクロコズムの構築を図る。
11年度 有用生物の導入手法について10年度に引き続き、要素技術の確立と提案を行い、物理・化学的手法を組み合わせたシス テム化の検討を行う。
12年度 11年度に引き続き、要素技術の確立およびハイブリッドシステム化の検討を行う。
13年度 高機能有用微生物の製剤化手法の確立とともに、その製剤の実処理プロセスで機能発揮させるための操作条件を検討すると同時に高機能有用微小動物を導入した藍藻類除去システムおよびNIR測定技術および底泥厚スキャンとニューラルネットワークとの統合化モニタリングシステムによる藍藻類発生予測のパターン認識法の確立を図る。
14年度 河川・水路直接浄化法等における低コスト吸着脱リン装置と凝集脱リン装置およびその管理手法のマニュアルを作成する、および流域情報公開ネットワークの情報メニューおよび公開範囲の選定と情報発信および情報受信ネットワークシステム体制を整えることを目標に推進する。

今年度の研究概要

(1)有用微小動物等を用いた浄化システム運転開始時のシーディング剤の評価
(2)難分解性CODを除去可能な活性汚泥プロセスのシステム開発を行う。
(3)嫌気好気生物膜法と脱リン吸着剤を用いた河川・水路システムとしてのつくば市生活排水路浄化施設で長期運転におけるデータ収集を行う。
(4)霞ヶ浦の過去から現在までの水質データのニューラルネットワーク解析を行い、水質変化の予測モデルを構築する。
(5)流域住民のアンケート調査と行政と連携した環境修復システムの情報公開ネットワークの基盤づくりの検討を行う。

課題代表者

稲森 悠平

担当者